ワタナベダイスケ

スクエニがコミックとゲームをひとつにする!? ヒロインも激カワな『イマジナリー レンジ』

Writer by ワタナベダイスケ

  • twtter
  • facebook
  • google

スクエニがコミックとゲームをひとつにする!? ヒロインも激カワな『イマジナリー レンジ』


コミックとゲームの親和性の高さはよく耳にする話ではありますが、ここまで高次元で両者を融合させた作品がかつてあっただろうかと思わせるのがこの『イマジナリー レンジ(Imaginary Range)』です。

新ジャンルの開拓、さらに日英仏の多言語対応。いろいろ新しいことを試みているなと感じます。


ImaginaryRange1.jpeg


画面をフリックしてコミックを読んでいくとストーリーの展開に合わせて随所にゲームが挿入されており、それらをクリアすることでさらに先の展開を読み進めることができるようになります。

コミックのパートではコマ毎に迫力あるグラフィックを満喫できる「コマモード」と、まるでコミック本のページのように楽しめる「ページモード」をダブルタップで簡単に切り替えることができ、直感的かつ軽快に読めます。これなら電子書籍慣れしていない人でもすんなり入り込めると思います。


ImaginaryRange2.jpeg
ImaginaryRange3.jpeg


ただし、あまりの軽快さにサラサラと読み飛ばしてしまうと、コマのなかに隠されたアイテムを取りこぼしてしまいがちなので要注意。この作品はコミックであると同時にゲームだということも忘れてはいけません。

ちなみにアイテムはコマの背景やちょっとした細かいところに隠されていますので注意深く見ながら進めていきましょう。見つけたアイテムは周囲をタッチで囲んであげれば入手できます。

そうそう、この作品ってばヒロインのシエラちゃんがとにかく激カワですが、シエラちゃんだけじっと見ていても先には進めませんよ!しっかりアイテムも回収しましょう。


ImaginaryRange4.jpeg


当然ですが、ゲーム要素がコミック内でのアイテム探しだけであるはずがありません。ストーリーの要所ではタッチパネルの操作性を活かしたシューティングやパズルなど様々なゲームイベントが立ち塞がります。

ゲームだけ単体アプリでリリースされてもおかしくないほどの出来の良さにはきっと誰もが驚くはず。

そしてこのゲーム部分だけをもっとじっくりやり込みたいという人に吉報。ストーリーを全てクリアした後には『オメガアサルト』『パズルアタック』『オメガブラスト』がそれぞれ単体で遊べるようになりますし、現在のバージョンでは公式サイトのランキングにも参加することが可能となっています。


ImaginaryRange5.jpeg


コミック、そしてゲーム、その両方がどちらも高度な面白さを保ったまま融合したこの作品。これでストーリー部分のボリュームがもっとあればなぁ、シエラちゃんもっと見たかったなぁ......、無料アプリだし仕方ないよなぁ......と思っていたところ、公式サイトになんとエピソード2のお知らせがっ!

1話目はパリが舞台でしたが次は......おっと、これはまだ今作を最後まで読んだ人だけの秘密なんですよね。

「それほど遠くない時期に」ってことで期待してますよ。スクエア・エニックスさん!



使用端末:EVO WiMAX(ISW11HT)
OS:2.2.1
バージョン:1.0.1
--------
発売元:SQUARE ENIX Co.,Ltd.
更新日:2011.7.5
価格:無料
対応機種:Android1.5以上


(ワタナベダイスケ)

ワタナベダイスケ

Writer by ワタナベダイスケ

ワタナベダイスケ

Writer by ワタナベダイスケ


  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp