ワタナベダイスケ

絵が動く!? 保存も投稿もできる!? タカラトミーの『せんせい』(アプリ版)って今ここまで進化してるの!?

Writer by ワタナベダイスケ

  • twtter
  • facebook
  • google

絵が動く!? 保存も投稿もできる!? タカラトミーの『せんせい』(アプリ版)って今ここまで進化してるの!?


20120313sensei01.jpeg


数十年に亘り脈々と受け継がれた日本が誇るタブレット、『せんせい』をアンドロイド上に完全再現!

世代を越えて愛されている知育玩具、タカラトミーのマグネットおえかきボード『せんせい』のアプリ版が登場です。もちろんデジタルならではの楽しい新機能もありますよ!


■今さらながら『せんせい』の基本機能をおさらい

アンドロイドの画面上に実機さながらの『せんせい』が表示されています。

左手にはまる、さんかく、しかくのスタンプ、右手に黒と赤のマグネットペンがありますので、あとはこれらを使って思い思いに描いていくだけ。


20120313sensei02.jpeg


消すときは下側についているスライダーをぐいっとひっぱればいいんですよね。ああ、懐かしいこの感覚


20120313sensei03.jpeg


■画面表示サイズは2段階の切り替え式(ズーム機能)

画面の大きなタブレット端末だけでなく一般的なスマートフォンでも使い易いように配慮された2段階の画面表示を随時選択できます。描画面の右側にある縦長の『>>>』をタッチするとズーム切り替え。ペンを持ち替えたりしないときには画面を大きく使って思いっきり描くことができます。


20120313sensei04.jpeg


■描いた絵を保存や共有できる

ここはデジタルの強みですよね。描いた絵を画像データとして保存したりメールで送信したりすることが可能。マグネット式だと傑作も泣く泣く消すしかなかったのですけど、これならお子様の成長記録にも一役買ってくれそう。

(注:画像データはSDカードの「sensei」フォルダ内にPNG形式で保存されます)


20120313sensei05.jpeg


そして面白いのがWebで展開されている専用の画像共有サービス「みんなのせんせい」へのアップロード投稿もできるというところ。もしかしたらここから未来の天才画伯が誕生するかも!?


20120313sensei06.jpeg


■こいつ、動くぞ! 4コマアニメがつくれる


20120313sensei07.jpeg


これも新しい! 描いた絵を描画面の上側にある「1、2、3、4」に順番に保存していくことでパラパラマンガ風な4コマアニメーションとして再生することができます。僕も即興で作ってみたのでこんな感じになるよ、というイメージをYouTubeにアップしておきますね。

(注:現状アプリ単体では4コマアニメを動画としては保存できないっぽい?です。下の動画は別途PC上で4枚の静止画から動画として作り直したものです。あくまでイメージとしてご参照下さい。)



タブロイドでも懐古趣味に浸れるようなアプリをいくつも紹介していますが、この『せんせい』はアプリ化に際して新しい試みをふんだんに取り入れているという意味でもグッとくる良アプリじゃないかな。

僕はスマホで試してみましたが、画面の大きい端末だとさらに楽しめそうだなあ。


使用端末:EVO WiMAX ISW11HT
OS:2.3.4
バージョン:1.0.2.0
--------
発売元:TAKARATOMY ENTAMEDIA Co.,Ltd
更新日:2012年2月23日
価格:350円
対応機種:Android2.2以上


(ワタナベダイスケ)

 

ワタナベダイスケ

Writer by ワタナベダイスケ

ワタナベダイスケ

Writer by ワタナベダイスケ


  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp