ワタナベダイスケ
ビジネス
2012.07.12

タブレットプレゼンツール『Adobe® Debut』の本性は強力なアドビファイル閲覧ツールだったワケで

Writer by ワタナベダイスケ

  • twtter
  • facebook
  • google

タブレットプレゼンツール『Adobe® Debut』の本性は強力なアドビファイル閲覧ツールだったワケで


20120711debut01.jpeg


とにかく忙しい人向け。この一言に尽きます。

プレゼン資料の作成ってけっこう時間かかりますよね。とくにパワーポイントでフォトショップやイラストレータのファイルを扱いたい、なんて場合には、ファイル形式の変換作業にも一手間とられてしまうのが常です。

そこでアドビのタブレット用プレゼンアプリ『アドビ・デビュー(Adobe® Debut)』をお試しあれ。

画像やPDFはもちろん、フォトショップ、イラストレータ、インデザインその他もろもろ...とにかくファイル形式を気にせず読み込んで、あっという間にプレゼン用のスライドにしてくれちゃいます。
 

20120712debut02.jpg


このデビューもご多分に漏れずまだ日本語化されていません。が、スライドのページとして使いたいデータファイルを、端末に保存されたファイルやクリエイティブクラウドなどから選択してあげるだけで瞬時にスライド化してくれるので、操作方法に関する心配は一切無用だと思います。


20120712debut03.jpg


スライドが出来上がったら、画面を横にフリックすればページ送りです。


20120712debut04.jpg


プレゼンのスタイルによっては、画面上に書き込みをしたいということもありますよね。そんなときには、画面右上端の吹き出しボタンを押せばツールバーが表示されますのでいつでもペンツールでの書き込みが可能

ちなみに、上の画像で表示されてるデータはデスクトップのアドビ・イラストレータで作成したファイルをそのままスライドに取り込んだものですが、忠実にタブレット上で表示されています。また指での書き込みもまったく支障ナシです。


20120712debut05.jpg


HDMI出力などを備えたタブレットがあれば、大画面に表示した資料に書き込みをリアルタイムで反映できると思うので、プレゼンのみならず研修や講義でも効果的に使えそうですよね。

また、デザイン業務なら校正や修正指示を、画面の書き込みですませてしまうなんてこともできそう。工夫次第で使い方が広がる予感です。

もはや恒例ですが、今回もアドビ公式の動画を下に引用しておきます。



そうそう、使い方が広がるといえば、先にも書いたように数多くのアドビ・アプリケーション、そしてタブレット用タッチ・アップスのファイル形式に対応しているためアドビファイルのビューアーとしてもかなり強力な潜在能力を持っているように感じました。

もしかしたら、プレゼン以外でもいろいろな活用法が見つかるかもしれませんね。


使用端末:ASUS Transformer Pad TF300T
OS:4.0.3
バージョン:1.0.2
--------
発売元:Adobe Systems
更新日:2012年6月13日
価格:850円
対応機種:Android3.1以上のタブレット端末


(ワタナベダイスケ)

 

ワタナベダイスケ

Writer by ワタナベダイスケ

ワタナベダイスケ

Writer by ワタナベダイスケ


  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp