ワタナベダイスケ
ビジネス
2012.07.06

スケッチブックアプリもアドビブランドでキメたいならベクターデータが描ける『Adobe Ideas』一択!

Writer by ワタナベダイスケ

  • twtter
  • facebook
  • google

スケッチブックアプリもアドビブランドでキメたいならベクターデータが描ける『Adobe Ideas』一択!


20120705ideas01.jpeg


タブレット端末を買ったら誰もが試したくなるのが画面上でのお絵描きでしょ?

お絵描きアプリは数あれど、グラフィック界隈で一番のネームバリューがあるのがアドビですよね。今回はそんなアドビがリリースしている『アドビ アイディアズ (Adobe Ideas)』をご紹介しましょう。

グラフィック業界人御用達メーカー製という心強さもさることながら、できあがる画像が拡大してもギザギザにならない『ベクターデータ』として保存されるのも特徴的。インストールすればすぐに手持ちのタブレットがスケッチブックに早変わりですよ!

この原稿の執筆時点では残念ながら日本語化されていないので若干不安にもなりましたが、いたってシンプルなインターフェースに仕上がっているため英語力はほぼ不要。カンタンに使えます。

20120706ideas02.jpg


画面左にはお馴染みのツールボックスがありますが、このアプリで使うのは基本的には3つだけ。
ペン先の大きさ、色、透過率が自由に設定できるペン消しゴム、画像の位置を動かすための手のひらだけです。


20120706ideas03.jpg


ペンを選んで指先でぐりぐり画面に書き込んでいくと、その描き味の良さに驚きます。リアルタイムでベクターに変換されていくので自然とキレイなラインに仕上がっていきますよ。指での描画はちょっと独特ですが、余計な部分は消しゴムですぐに消せるので大胆に書き込んでいきましょう。


20120706ideas04.jpg


一応レイヤー機能はあるのですが多重レイヤー機能は別途課金? となるようです。残念すぎる...。
ただ描画レイヤーの背面に画像を貼り込むことはできました。

もちろんアドビ製品だけあってクリエイティブクラウドを使ってデスクトップアプリケーションとも同期できます。ただしアイディアズで作成したデータは独特なファイル形式(.ideas)で保存されるため別途プラグインが必要なので注意。


20120706ideas05.jpg


試しにプラグインを入れてアドビイラストレータでこのファイルを開いてみると、確かに描画されたストロークがベクトルデータになっているのがわかりましたよ。

日本語化されていなかったり、保存されるファイル形式が特殊だったりとまだまだ今後の改良が待たれるアプリだなぁというのが率直な感想ではありますが、スケッチの描き味の良さはさすがアドビ! と唸らせられるモノがあります。
自然な使い心地にこだわるお絵描きユーザーにはオススメできそうなアプリですね。


使用端末:ASUS Transformer Pad TF300T
OS:4.0.3
バージョン:1.5.1
--------
発売元:Adobe Systems
更新日:2012年3月9日
価格:850円
対応機種:Android3.1以上のタブレット端末


(ワタナベダイスケ)

ワタナベダイスケ

Writer by ワタナベダイスケ

ワタナベダイスケ

Writer by ワタナベダイスケ


  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp