眞形隆之
ゲーム
2012.02.07

つまりは「パネルクイズ アタック25」みたいなもん? 四人対戦型はリバーシ好きに受け入れられるか?『ReversiRoboLite』(動画あり)

Writer by 眞形隆之

  • twtter
  • facebook
  • google

つまりは「パネルクイズ アタック25」みたいなもん? 四人対戦型はリバーシ好きに受け入れられるか?『ReversiRoboLite』(動画あり)



リバーシは人生と似ています。

コツコツと自分の駒を並べるが如く、時間をかけて築き上げた信頼関係が、たったひとつのボタンの掛け違いによって、両端を相手に奪われて自分の駒が一気にひっくり返される。それはまるで、仕事を失い、恋人と別れ、友人と絶交、家族との絶縁と似て...いやいや、リバーシはそんなに重くないです。

あれれ? 僕、人生に疲れてるのかな?


20120204_ReversiRobo_01.jpg


普通、リバーシと言えば1vs1のタイマン勝負ですが、この『ReversiRobo』ときたら、4人打ちのリバーシなのです。ぱっと見たところ「パネルクイズ アタック25」を思い出しました。

あの番組は、クイズに答えるとパネルを開くことができて、『ReversiRobo』は順番でパネルを開く違いこそありますが、相手が三人いるという環境はとてもよく似ているなと感じました。もちろん、『ReversiRobo』にアタックチャンスはありません。


20120204_ReversiRobo_02.jpg20120204_ReversiRobo_03.jpg


モードは一人で遊ぶストーリーモードと、通信対戦ができるバトルモードの2つ。今回遊んだ無料のlite版はストーリーモードしか遊べない仕様でした。

世界中の猛者たちとバトルするのは、絶対に楽しいと思うのですが、世界中のリバーシ好きの鼻をへし折ることがあまりにも面白くて、絶対に寝廃人化すると思ったので、今回はプレイするのを許してあげました。礼はいりません。というわけで、早速、ストーリーモードスタート。


20120204_ReversiRobo_04.jpg


自慢じゃないのですが、僕は、かなりリバーシをやりこんでいて、リバーシで勝つための定石というものも、そこそこ知っているので、素人にはまず負けません。

四隅を奪うと相手に取られないので、ゲームを有利に進められるスペシャルポイントだということは誰でもご存じですが、それ以外にも序盤で相手に自分の駒を取らせて、相手の駒を置く場所を限定させるといった定石は、この『ReversiRobo』には一切通用しません。そこが、リバーシ中級者以上でも、新鮮な気持ちで『ReversiRobo』をプレイできるいいところ。将棋とハサミ将棋くらい違います。


20120204_ReversiRobo_05.jpg


自分以外の相手が三人もいるので、自分の番が回ってくる頃には、すっかり盤上の駒の色合いが変わっています。先の先を読むのはとても難しいです。また、普通のリバーシでは自分の駒がすべてなくなると即負けなのですが、この『ReversiRobo』は、なんせ相手が三人もいるわけですから、狙われればすぐにすべての駒がなくなってしまいます。

しかし、『ReversiRobo』では、すべての駒を失っても負けにはならずに、逆にチャンスになります。好きなところに駒を置くことができて、置いた駒の上下左右が一気に自分の駒に変わります。


20120204_ReversiRobo_06.jpg


つまりは必殺技です。演出もサイバーでかっちょいいです。こうした必殺技があるのも『ReversiRobo』のウリのひとつです。しかも、キャラクターごとに必殺技は異なるとのことで、先の方までストーリーを進めると、すっごい強力な技を使うボスなども登場するのでしょうね、きっと。


20120204_ReversiRobo_07.jpg


必殺技は自分の駒をすべて失う以外にも、自分がどこにも置けないという状況でも発動します。相手も必殺技を出してくるので、必殺技の条件がそろわない様に注意してプレイしなければなりません。ここが、かなり頭を使うところです。

勝利条件は、4人中3位以内とか、2位以内とか、トップを取らなくてはいけないなどがあります。1位で勝利するのも気持ちいいですが、ギリギリ2位通過狙いというマニアックな遊びも結構楽しいです。


20120204_ReversiRobo_08.jpg


利用時間:4時間
使用端末:AQUOS PHONE SH01-D
OS:2.3.5
バージョン:1.3
--------
発売元:TSS SOFTWARE
更新日:2012年1月13日
価格:無料
対応機種:Android2.2以上


(眞形隆之)

 

眞形隆之

Writer by 眞形隆之

眞形隆之

Writer by 眞形隆之


  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp