小泊徹彦

アンドロイドで追突防止?『iOnRoad Augmented Driving』

Writer by 小泊徹彦

  • twtter
  • facebook
  • google

アンドロイドで追突防止?『iOnRoad Augmented Driving』


TVCMでは、スバルメルセデス・ベンツで、ぶつかりそうになったときに自動的ブレーキをかけてくれる車両が宣伝されています。すごい時代になってきました。

とはいえ、あのような機能が設定された車両はまだまだ少なく、当然高価です。

もちろん、ドライバーが常に細心の注意をもって運転するのは基本ではありますが、それでも事故は起こってしまうもの。

そんな、一瞬のミスで起こりうる追突事故を防ぐアプリ『iOnRoad Augmented Driving』が登場しました。

アンドロイド端末カメラを利用して車体前方の車両との間隔速度計測、衝突まで何秒、という危険範囲に入ったらアラーム画面表示で示してくれるというアプリです。


111228_ionroad1.jpg

ただし、使うまでの前提がちょっと面倒。カメラが使えるアンドロイド端末を、横位置で、正確に垂直水平を出した状態で設置する必要があります(設置時には、水準器のような表示が出るので調整は簡単ですが)。僕はたまたま常に車載にしているGalaxy TAB(SC-01C)マウント(スマートフォンマウントにも交換可能)がインパネ上に出るタイプだったので、向きの調整だけで済みました。


111228_ionroad2.jpg
111228_ionroad3.jpg
111228_ionroad6.jpg

実際に車両に取り付け、走行時に動作させた状態で動画を撮ってみました(この動画はGalaxy TAB)。



標準では前車との間隔を、追突までの時間で表示していますが、前車との距離を表示することも可能。距離表示で確認してみたところ、意外と精度は高いなと感じました。

ただし、あくまでカメラ(しかも1台)で撮影した画像から計算しているだけですので、撮影状況が厳しいと正しい結果が出ないこともあります。

心配していたのはだったのですが、夜は自動的にゲインを上げるナイトモードに入るようで、少なくとも都内の道路では、むしろ昼間よりもちゃんと動作している印象でした。

昼間、天気が良くコントラストが高い状態で、道路が明るく光っていたり、そこに建物や木々ので様々な模様ができている状況だと、道路や前走車を認識できなくなるとこともありました。

とはいえ、GPSカメラだけでこれだけの認識率というのはたいしたもの。都心の渋滞だとやたらアラートが鳴りっぱなしになるのでは?とも思ったのですが、実際には、撮影のために一番なりやすい設定(動画撮影時など)にしても、ちょっと怖いくらいのタイミングまでブレーキングを我慢したりしない限りなかなかアラートは鳴りませんでした。そういうチューニングも良くできている印象です。


111228_ionroad4.jpg


それから、このアプリは電話ナビ音楽ギャラリーの各アプリを起動させるラウンチャとしても動作します。各カテゴリーのアイコンタップで起動するアプリは自由選択可能。そして、例えばナビボタンにGoogleマップを割り当てて起動すると、iOnRoad自身はバックグラウンド動作となり、危険なときにはアラームや画面表示で示してくれるようになっています。


111228_ionroad5.jpg

もう一つ。つい最近のバージョンアップで、車両の駐車位置記録する機能が追加されました。このアプリ、設定すれば、マウントされたかどうかを認識でき、マウントから外される直前の画像とGPSでの位置を記憶します。その後、同時にインストールされるiOnRoad Car Locaterというアプリで駐車した位置を確認できるわけです。国内に多い屋内型駐車場では精度が厳しいようですし、日本では、どこに停めたかわからなくなるほど広い屋外駐車場はあまり無いとは思いますが。個人的には、都内の知らないところで駐車場を探してさまよって停め、用事を済ませた後、駐車場の場所を見失ったことがあったので、そういうときには便利に使えそうです。

また、このアプリにはテストモードがあり、開発元のページに貼られている動画を認識させることで動作を試すことができます。実際にはGPSで搭載車両の速度を計測しながら動作するため、GPSによる計測を無くしたのがテストモードのようです。

アメリカでは非常に高い評価を得ているアプリだそうで、向こうでは日本よりもカーナビの普及が遅れたこと、据え付け型だと盗難の可能性が高いことなどから、PNDタイプ(取り外しせて単体動作可能なナビ)が普及していたそうで、そういう意味でも、日本よりもスマートフォンなどを車載で使うというニーズは高いもののと思われます。

もちろん、本物のレーダーなどを使った追突防止装置と比べれば精度は落ちるでしょうし、このアプリが入ったから安全、というものではなく、更に安全運転は心がけるべきですが、車でアンドロイド端末をカーナビとして使用している人は、転ばぬ先の杖として入れておくと良いかも知れません。



利用時間:複数回
使用端末:Motorola Photon、Galaxy TAB(SC-01C)
OS:2.3
バージョン:1.0.4.4
--------
発売元:iOnRoad
更新日:2011年12月19日
価格:無料
対応機種:Android2.2以上


(小泊徹彦)

小泊徹彦

Writer by 小泊徹彦

小泊徹彦

Writer by 小泊徹彦


  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp