小泊徹彦

アイコンでの一発検索が便利!『地図マピオン+3D』

Writer by 小泊徹彦

  • twtter
  • facebook
  • google

アイコンでの一発検索が便利!『地図マピオン+3D』


地図が好き!なんですよ。

小さい頃から地図を眺めちゃ、知らない街に自転車で出歩くのが好きだったんですが、バイクに乗るようになり、パソコンを手に入れ、旅行雑誌の編集部にアルバイトで入った頃には、当時出たばかりの国土地理院数値地図フロッピー版で高かったんだ、これが)を買っては、走った山道の3D風地図を作ってにんまりしたりしてたものです。

現在はGoogleマップのおかげで、地図は無料、というのが当たり前のようになっていますが、ちょっと前まではそうではありませんでした。アンドロイド登場前、WindowsMobile機を使っていた頃には、昭文社のスーパーマップルデジタルを購入してインストールしたり。PC上でも、インクリメントPMapFanなど、有料のサービスが当たり前だったのです。

さて、懐かし話はこのくらいにして。

上で2つほど例を上げましたが、地図というのは、地図作成会社元データを持っています。Googleマップの日本部分はゼンリンのもののよう(地図を良く見ると右下にクレジットが入っています)ですが、この他にも数社が異なったデータによる地図サービスを行っています。地図はみんな同じ、ではなく、それぞれ提供会社毎に独自データ特徴があり、その違いはデジタル化によってよりわかりやすくなってきているとも言えます。

今回紹介する『地図マピオン+3D』は、元々凸版印刷系でデジタル地図データサービスを行っていたマピオンのアンドロイド用アプリ。これまでただの『地図マピオン』だったのが、標高による3D風表示周辺検索やドライブ・徒歩ルート検索などの機能が追加されました。

アンドロイドには先日紹介した神アプリ、モバイルGoogleマップがある中で、どのように独自性を打ち出してくるのか、両方の画面を比較しながら当アプリの特徴を見てみたいと思います。

まず、新宿駅周辺の地図をほぼ同縮尺で表示してみました(左がGoogleマップ、右が地図マピオン)。


120117_mapion3d_04.jpg120117_mapion3d_06.jpg

一目見てわかるのは、『地図マピオン+3D』の、画面上に表示されている情報の多さ。比較すると、Googleマップの方は拍子抜けするほどシンプルです。もちろん、Googleマップの方も、拡大していけば細かい情報は出てきますが、どの拡大レベルでどこまで情報を表示するか、という考え方の違いであり、これがこの『地図マピオン+3D』の特徴の1つでもあるでしょう。また、『地図マピオン+3D』の方は、市区町村など、拡大比率にもよりますが、行政区分毎に異なるがつくようになっています。下の画像は、東京の豊島区、新宿区、中野区、練馬区が接する境界付近を中央とした表示です。紙の地図では良く用いられており、見慣れている人にはわかりやすくていいのかも知れません。


120117_mapion3d_11.jpg


『地図マピオン+3D』の画面を見て貰うと、拡大縮小や(もちろんピンチ操作でも拡大縮小は可能です)現在地、検索などGoogleマップでも見かける操作ボタンが左に並びますが、注目は下のアイコン。横位置のものがわかりやすいと思いますが、駅、バス停、コンビニ、トイレ...と並んでいるドック状のメニューは、縦モードでも横にスライドすることで、計12種類の項目について、一発で検索できるようになっています。

特に便利だと感じたのがバス停。コンビニやグルメ情報などは、Googleマップでも(アイコン一発ではありませんが)検索が可能ですが、バス停情報はありませんでした。若干情報落ちはある?(コミュニティバスの「すぎ丸」は有りましたが「なかのん」はありませんでした)ようですが、都内を徒歩+公共交通機関で移動しようという人にはなかなか便利な機能だと思います。


120117_mapion3d_05.jpg


そして、新たに名称に加えられた「+3D」は、恐らくこの機能を指しているのであろう、「3D風」表示。標高による高低差のわかる表示になります。これは山がちな地域を表示するとわかりやすいです。ちなみに、Googleマップにも「地形」というレイヤがあり、これを使うと同様の表示が可能になりますが、ここでも色鮮やかな『地図マピオン+3D』と、どちらかと言えば地味なGoogleマップという対比になっています。


120117_mapion3d_10.jpg120117_mapion3d_09.jpg


このあたりの地図を見ていて面白かったのは、『地図マピオン+3D』は、拡大していくと富士山登山道も表示されたこと。僕は登山をするわけではないので詳しくはわかりませんが、他の山も登山道らしきものが表示されます。これもGoogleマップにはありません。電波が通じること、という条件はありますが、地図で指した場所の標高(海抜)表示があるのも含め、山登りをする人にとっても面白い機能でしょう。

また、今回の機能アップでは、有料(プレミアム会員:月額315円)ではありますが、ドライブルート、徒歩ルートの検索が可能となりました。

こちらも料金を払って試用してみたのですが、正直なところまだGoogleマップ&ナビのサービスには届いていない印象です。目的地へ「行く」でルート検索ページへ移行しますが、最初は徒歩がデフォルトで表示されることからして、基本的には自動車での操作ではなく、徒歩で使うことをメインに考えているのかも知れません。ルート検索はされますが、ナビはされません。地図上に経路が表示されるのみというのは、個人的には悪くない(Googleナビでも経路表示状態でのナビが欲しいところです)のですが、画面が狭くなってしまうこと、ヘッドアップモードで文字が回転しないこと(これはルート検索とは関係ないのですが)、経路を外れたときの再検索が自動では行われないことなど、まだ車載で使うには、改良の余地ありと思われました。


120117_mapion3d_01.jpg120117_mapion3d_02.jpg


ルート検索機能はちょっと残念でしたが、基本機能なら無料ですし、バス停を含む使いやすい検索と、一度に表示される圧倒的な情報量など、特に徒歩で使う人には一度試してみて欲しい地図アプリです。

利用時間:複数回
使用端末:Motorola Photon(ISW11M)、Galaxy TAB(SC-01C)
OS:2.3
バージョン:3.0.8
--------
発売元:Mapion Co.,Ltd.
更新日:2012年1月13日
価格:無料
対応機種:Android2.1以上

(小泊徹彦)

 

小泊徹彦

Writer by 小泊徹彦

小泊徹彦

Writer by 小泊徹彦


  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp