年吉聡太

「アサガオにょっきにょき」動画を自分で、簡単に。微速度撮影ビデオを作れる『Lapse It • Time Lapse • Native』(動画あり)

Writer by 年吉聡太

  • twtter
  • facebook
  • google

「アサガオにょっきにょき」動画を自分で、簡単に。微速度撮影ビデオを作れる『Lapse It • Time Lapse • Native』(動画あり)


120116_lapseit_01.jpg


理科の授業がちょっとしたトラウマになってます...。

小さいころに観た「アサガオの成長」ビデオ(光を求めてのたうつ新芽! 水を探して四方八方手を伸ばす青白い根!)を覚えているでしょうか。最近であれば、スカイツリーの建設過程をおさめたビデオがテレビに流れるのを目にしたという方もいるかもしれません。

フレームの中でコマ送りのように時間が経過していく、いわゆる微速度撮影モノのビデオをスマホで作れてしまうのが『Lapse It • Time Lapse • Native』。アプリ名にもなっている「Time Lapse」はそのものズバリ、「微速度撮影」という意味です。

シャッター間隔を設定して撮影を開始したら、あとはひたすら、ただ待つのみ。望む限り、そしてメモリ容量とバッテリーが許す限り、スマホは自動的にシャッターを切り続けます。


120116_lapseit_03.jpg


ということで、「20秒」間隔で「30分強」撮影を行ったのが、こちらの動画です(編集部内のよくある風景)。




画質はともかく、楽しい! そしてカンタン!

撮影終了後、プレビューでチェックしつつ「render」ボタンをタップすれば、作品をそのままMP4ファイルに書き出すことができます。もちろん、動画に使用するコマを選んだりと、細かな設定も可能です。


120116_lapseit_02.jpg


有料版の『Lapse It •Time Lapse •Pro』(153円)では720pの高画質ムービー(無料版は240pの制限あり)が作成できるほか、BGMを追加したり色調を調整したりすることができるようです。

アプリ内ギャラリーでは、世界中のユーザーが投稿した動画を観ることができるのですが、これが驚くべき出来の作品ばかり。こんな動画を作れるとしたら、そりゃあもう、楽しいでしょう。


120116_lapseit_04.jpg


ということで、Androidマーケットにて公開されている公式動画から、本アプリをフル活用した作例をご覧ください(作例は22秒くらいからスタート)。




作例を見ていると、奥行のある場所、そしてもちろん時間の経過とともに活発な動きがある場所を選ぶことが、よりダイナミックな作品になるように感じました。刺激を受けた私としては、週末あたり、空港にでも撮影に出向こうかと思っています。

ちなみに撮影中に着信があると、撮影は自動的に「一時停止」になるようです。作品づくりに集中したいという方は、すべての通信を「オフ」にして撮影に挑まれることをお勧めします。



使用端末:Galaxy S II(SC-02C)
OS:2.3.5
バージョン:2.6.1
-------
発売元:Interactive Universe
更新日:2012年1月14日
価格:無料
対応機種:Android1.6以上

(年吉聡太)

 

年吉聡太

Writer by 年吉聡太

年吉聡太

Writer by 年吉聡太


  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp