小谷卓也

標準カメラを超える2448×4345ピクセルの衝撃…!『全画面カメラ』でスクリーンいっぱいの写真を!

Writer by 小谷卓也

  • twtter
  • facebook
  • google

標準カメラを超える2448×4345ピクセルの衝撃…!『全画面カメラ』でスクリーンいっぱいの写真を!

  • iPhone

140221_IMG_6803-2.jpg
謎の技術で標準カメラアプリを超えました...。

全画面カメラ』というこちらのアプリ、その名の通りiPhoneの画面をいっぱいに使って撮影できるカメラアプリです。
撮れる写真もフルスクリーンいっぱいいっぱいの写真です。


全画面でカメラ撮影

140221_IMG_6804-2.jpg

というわけで早速撮影。
iPhone上部の情報バーの部分まで透け透けなのがお分かり頂けるでしょうか。
 

140221_IMG_7026-2.jpg140221_IMG_7024.jpg

クッソ邪魔な広告は200円のアドオンを購入することで消えます。

さて、まずはこの2枚の画像をご覧ください。
左が全画面カメラで撮影したもの、右が通常のカメラアプリで撮影したものです。

この2枚の写真を撮る際、iPhoneと被写体は固定したので同じ距離から撮影しています。

つまりですね、同じ位置からの撮影でも全画面カメラならば、通常のカメラよりも被写体に寄った写真を取ることが可能です。
言葉で言ってもよくわからんと思うのでその辺は使ってみてね。


iPhoneの限界を超える写真サイズ

140221_IMG_7040-2.jpg140221_IMG_7041.jpg

設定ボタンから写真サイズを変更することが可能です。
で、写真サイズ一覧を見ると『2448×4345』というサイズが選択できます。

iPhone5/5S/5cの通常のカメラだと『2448×3264』サイズの撮影が最大になるんですが、なんとまぁそれよりも縦方向に1000ピクセルもでっかい写真が撮れるわけですな。

しかもそういえばシャッター音無音です。
おいおい大丈夫かよ...。


写真編集昨機能が意外と充実

140221_IMG_6810.jpg140221_IMG_6811.jpg

あとはまぁ写真編集機能が豊富です。
でもこのアプリで1番伝えたいことはもう伝えましたので、写真編集機能については簡単に写真で紹介するだけにしておきます。


利用時間:3日ほど
使用端末:iPhone5
OS:7.0.6
バージョン:2.6
--------
発売元:YOUNG MIN CHEON
更新日:2014年2月22日
価格:無料
対応機種:iOS 6.1 以降


(小谷卓也)

 

小谷卓也

Writer by 小谷卓也

小谷卓也

Writer by 小谷卓也


  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp
  • ANKER Astro (2gen) 高性能モバイルバッテリー 6000mAh
  • Anker
  • by Amazon.co.jp