小泊徹彦

ウィジェットでWifiやGPSを一発オンオフ! 無料なのに超多機能なスイッチ『WidgetSoid』

Writer by 小泊徹彦

  • twtter
  • facebook
  • google

ウィジェットでWifiやGPSを一発オンオフ! 無料なのに超多機能なスイッチ『WidgetSoid』


アンドロイド端末を使いこなすようになってくると、WifiGPSBlueTooth画面の回転明るさマナーモードなどなど、様々な機能をオンオフしたりすることも増えてくるのではないでしょうか。でも、これらの機能はホーム画面の「設定」から入っていって、結構面倒な手順を踏まないと設定できないものが多いですよね。

Galaxyシリーズなどでは、上部通知バーからのスワイプダウンメニュー内にWifi、Bluetooth、GPS、マナーモード、画面回転ロック、画面の明るさについては設定ができるようになっているので便利なのですが、無い機種も多いですし、他の機能を設定したい場合には、やはり何らかのショートカットを用意したいところ。


111111_widgetsoid10.png


この手のスイッチ機能アプリは、ウィジェット機能として、それこそアンドロイド1.5の頃から出てはいたのですが、1×1区画でひとつの設定機能だったり、有料のものが多かったりで、これぞ決定版!というのが出るまでには結構時間がかかりました。

そんな私が、これこそ決定版!として愛用しているのが、この『WidgetSoid』。アプリ名としては、アンドロイドのバージョン2以降に対応した『Widgetsoid2.x』をほとんどの人が使うことになるかと思いますが、無印版は1.6に対応しています。

基本的には、これらのスイッチ機能をウィジェットとして画面上に表示するアプリなのですが、驚くべきはその多機能さ。設定できる項目は非常に多く、ウィジェットの大きさデザインも変えられる他、単なるスイッチだけでなく、アプリのショートカットも配置できるなど、実は凝った作り方をすれば、画面全体をこのウィジェットで覆って、多くのショートカットを配したホーム画面が作れてしまうんではないかと思うほどです。

インストールしたら、ホーム画面に戻り、画面に十分なスペースがあるところで長タップしてウィジェットを追加。時計及びネットワーク接続のインジケータ、これの混合(ネットワークと時計、バッテリ容量)のウィジェットも用意されていますが、このアプリの真骨頂はその下、各サイズのスイッチャーです。1×1から1×5、5×1(4以上のサイズのものは、ホームアプリなどで対応していないと使用できません)まで、要するに縦長横長かで選択可能。


111111_widgetsoid1.png111111_widgetsoid2.png


大きさを決めたら、そこに配するスイッチを選んでいきます。まずはネットワーク。WifiやBluetoothの他、対応している機種ならポータブルアクセスポイントトグル、つまりテザリングのオンオフも一発でできてしまいます。3Gでのデータ通信料を抑えたい人は、モバイルデータ通信もオンオフ可能。

次はスクリーン。タイムアウト時間やロックスクリーンの設定などもありますが、まず必要なのは回転センサのオンオフ、明るさレベルの設定でしょう。明るさは、タップするたびに10%、30%(設定可能)、100%、自動調整の順に切り替わっていきます。


111111_widgetsoid3.png111111_widgetsoid4.png


音では順番のトグル(サウンドオン、バイブレータ、完全オフ)の切り替えの他、それぞれ単独の機能や、着信音やメディアなどのボリュームをそれぞれ調整するページへのショートカット、また、音楽再生用の曲送りとポーズなどのボタンも配置できます。

その他、GPSのオンオフやバッテリ容量、バッテリの温度、各メモリの残量などが表示できるのも非常に便利。


111111_widgetsoid5.png111111_widgetsoid6.png


デザインは、ボタンの角を丸くするなどの他、背景色透過レベルを設定できる他、背景には好きな画像も配置可能で、凝りたい人はいくらでもいじれると思います。


111111_widgetsoid7.png111111_widgetsoid8.png


下の画像は、一番上がインジケータと時計混合ウィジェット、真ん中が、試しに背景に画像を置いてみたもの。一番右には、アプリアイコンも配置してみました。一番下は、私が普段愛用している設定です。左から、Wifi、テザリング、Bluetooth、回転トグル、明るさ調整(今の表示は自動調整:Autoです)、サウンドトグル、ボリューム調整、GPS、バッテリ温度、RAM残量となっています。一列に配置できるのは10個までとなっていますが、これ以上だと確かに誤操作もありそうですし、もっと色々追加したかったら複数のウィジェットを配するのがいいと思います。


111111_widgetsoid9.jpg


アンドロイドも最近のバージョンでは、電源管理が賢くなり、まめにWifiやGPSをオンオフしなくても、そんなにバッテリを消費することはなくなりました。それでもテザリングや回転トグル、サウンドトグルなどを一発でオンオフできるのは非常に便利。英語アプリ(部分的に日本語化されますが)なのが残念ですが、そんなに難しい単語は使われていませんし、この手のスイッチアプリを使用したことがない人は、一度試してみて下さい。その便利さの虜になること間違いなしです。


利用時間:複数回
使用端末:HTC Sensation、Acer Stream、Galaxy TAB(SC-01C)
OS:2.2、2.3
バージョン:3.2.4
--------
発売元:jaumard
更新日:2011年3月5日
価格:無料
対応機種:Android2.1以上


(小泊徹彦)

小泊徹彦

Writer by 小泊徹彦

小泊徹彦

Writer by 小泊徹彦


  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp