小泊徹彦

端末の位置をサーバに自動記録。紛失時にも役立つ『Beacon』

Writer by 小泊徹彦

  • twtter
  • facebook
  • google

端末の位置をサーバに自動記録。紛失時にも役立つ『Beacon』


スマートフォンの端末紛失対策、何かしてますか?
キャリアでの保証などの対応もありますが、SIMを差し替えたり、それこそSIMなしでもWifi運用できてしまうスマートフォンなので、SIMなしや、データ通信SIMでの運用時の紛失対策はしてない人も多いのでは?

かくいう私自身も、魔窟と化している自室で、データSIM運用のGalaxy Tabを必要な時に見失いかけ、焦った経験があります。電話なら鳴らせば良いのですが、データ通信運用だとそうもいきません。

そんな人向けなのがこの『Beacon』。定期的に端末との通信を行い、その場所を記録。また、端末との通信ができる状況にあれば、通話機能のない端末(SIMなしやWifiのみ、データ専用端末など)でも呼び出し音を鳴らすこと、端末のロック/アンロックがPCから自由に行えるというアプリです。そう。音声通話のないタブレットも呼び出せるんです!

インストールし起動すると、最初にアカウントを作成。Googleアカウントとの紐付けを行います。
GPSが使えればGPSで、使えなければネットワーク(3GやWifi)環境でその端末の位置を記録し、サーバにどんどん記録していきます。基本的には、動作を開始してからは、PC上でサーバにアクセスし、ログの閲覧や呼び出し、ロック/アンロックなどを行うことになります。ひとつのアカウントで複数の端末を管理可能です。


beacon_pc.png


この手の、GPSを用いたライフログ的なアプリは結構あり、例えば旅行などでの自分の移動を記録するなどできるのですが、常時GPSを使っていなくてはならないため、電池の消耗が気になります。ちなみに、アンドロイドの最近のバージョンは電源コントロールが賢くなったため、GPSは常時オンにしておいても、アプリで使用していなければそれほど電池は消耗しません。


beacon1.png


このアプリは、電池消耗をよく考えているようで、通信間隔GPS追跡間隔共に30分から6時間の間で選択できます。個人的には、最も短い30分ごとの通信でもそれほどバッテリの消耗は気になりません。


beacon3.png

最短が30分ごとということで、細かい移動経路の記録には向きませんが、旅行などで、大まかな移動記録には使えるでしょう。いざというときに備えて、入れておいて損はないアプリだと思います。

利用時間:複数回
使用端末:HTC Sensation、Acer Stream、Galaxy TAB(SC-01C)
OS:2.2、2.3
バージョン:1.1.0
--------
発売元:MoaiApps
更新日:2011.10.5
価格:無料
対応機種:Android1.6以上


(小泊徹彦)

小泊徹彦

Writer by 小泊徹彦

小泊徹彦

Writer by 小泊徹彦


  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp