小泊徹彦

Twitterフォロアー同士なら電話番号無し&無料で通話できる!『OnSay』

Writer by 小泊徹彦

  • twtter
  • facebook
  • google

Twitterフォロアー同士なら電話番号無し&無料で通話できる!『OnSay』


111205_onsay_top.jpg


仲の良い友達との電話代、月いくら使ってますか?

アンドロイドなどのスマートフォンパソコンなら、パケット通信回線を使えば、実は無料で通話できちゃうってこと、最近はCMなどでもやってるのでご存じの方もいるかも知れません。

考えてみれば、最近の携帯回線では動画配信までできるわけで、当然音程度のデータは余裕で送れてしまうんですよね。

それを利用した技術をVOIP(Voice over Internet Protocol)と言いまして、代表的なものとしては『Skype』があります。auの対応端末(この12月からはISフラットプラン加入が条件)と、SkypeをインストールしたスマートフォンやPC同士なら、パケット通信代のみで、通話料はかからないわけです。この他、近年人気が高いところでは『Viber』、最近CMをばんばん売っている韓国NAVER社の『Line』などが良く使用されています。

これらのVOIPサービスは無料な代わりに、通話する双方が同じアプリを入れておく必要があります(Skypeは有料で電話番号を取ったり、電話番号宛にかけることも可能)。ViberあたりはiPhoneでのユーザが結構多く、本来の電話番号を登録することで、連絡帳の中の電話番号と自動的に紐付けてくれるので、意外な人が使っていて驚いたりすることもあります。ただ、基本的には電話番号を知っていることが条件(もちろん、相手の了解があれば別途登録可能ですが)なんですね。

これに対し、普及の度合いがどんどん高まっているSNSアカウントを、電話番号の変わりのように使ってしまおう、というVOIPサービスも出てきました。世界最大のSNSであるFacebookを使ったサービスでは、『Reengo』という国産アプリでサービスが始まっています。


111205_onsay_01.jpg


さて、前置きが長くなりました。今回紹介する『OnSay』は、Twitterのアカウントを元に、電話をかけあおうというアプリ。もちろん、通話しあうアカウントは相互フォローしている必要があります。

Twitterはその手軽さで、日本国内での主要SNS訪問者数第1位を維持(参考)しており、世界中で呟かれている言語でも、英語に次ぐ2位が日本語(参考)との報道があるなど、現在日本国内で最も人気のあるSNSの一つですので、そのユーザアカウントを使うというのは非常に理にかなっています。

OnSayは8月31日に先行してiPhone版がスタート。やっとこの11月30日に待望のアンドロイド版がリリースされました。iPhone版もリリース直後にはサーバトラブルを起こすほどの人気となっていましたので、既にユーザ数はかなり多いと思われます。


111205_onsay_02L.jpg111205_onsay_02R.jpg


使用は、Twitterのアカウントを持っていれば簡単。インストール後、Twitterへのログイン表示がありますのでタップすると、Twitterサイトへ移動しますので、そこでTwitterにログインして、OnSayのアクセスを許可して下さい。


111205_onsay_03.jpg


認証されたら、「友だち」タブをタップしてみて下さい。Twitterの相互フォロアーさんで、既にOnSayをインストールしている人がリストに出てきます。僕の場合は、スマートフォン絡みで相互フォローしている人が多いので、既にOnSayをインストールしていた人が多かったようです。また、Android版が発表されたばかりで、様々なメディアで紹介されているので、どんどん増えていくと思われます。


111205_onsay_04.jpg


自分のフォロアーさんで、まだOnSayを入れていないようだけど、是非入れて貰って会話したい、という人は招待しましょう。『招待』タグを選択すると、自分との相互フォロアーで、OnSayをまだインストールしていない人がリストアップされます。面白いのは、おすすめ度が表示されるところ。どうも自分とのTwitterでのやりとりの頻度でおすすめ度が決められているようです。


111205_onsay_05.jpg


また、OnSayを入れたら相互フォロアーさんが表示されたけど、この人と直接通話をするのはちょっと、という人がいた場合は、ブロックも可能です。相手が確認する前にブロックしてしまえば気付かれずにリストアウトできます。


111205_onsay_06.jpg


OnSayが起動しているときは、画面上部通知エリアに通信状況を含めた表示が出ます。通知バーからのスワイプダウン通信状況を確認でき、そこをタップすることでOnSayを起動できますので、ホーム画面にアイコンを置く必要はありません。もちろん不在着信通知も表示されます。上画面ではちょっと余計な情報も入ってますが、通知の上から4番目、「twitter:○○」で良好、都表示されているのがそうです。良好、というのは通信状況。ここをタップすればOnSayが起動します(基本的にバックグラウンドでは動作していますが)。


111205_onsay_07L.jpg111205_onsay_07R.jpg


設定は基本的に音の大きさのみ。着信音や受話、マイク、また、ヘッドセットの受話音量やマイク感度も調整できます。ヘッドセット設定があるので、Bluetoothヘッドセットも使えるかな?と期待して接続してみたのですが、残念ながら使用できませんでした。他のVOIPアプリも、Bluetoothヘッドセットには対応していないのが多いので、可能なら対応をお願いしたいところです。

VOIPアプリを一度でも使ったことがある人が気になるのは音質遅延だと思います。VOIPは速度が保証されていない汎用のインターネット回線に、データ化した音声を乗せるので、どうしても音質が悪くなったり、音声の遅延(昔の衛星放送のように、音が遅れる)が起きます。

3Gについては、特に近年はスマートフォンの爆発的な普及により、都内で特定の時間帯は通じにくい、ということも多いので、そういう場所では難しいかも知れませんが、回線状況さえ良ければ、個人的には気になるレベルではありませんでした。テストで、すぐ近くにいる人と話してみると、多少音声遅延は感じられますが、そもそも電話で離れている人同士の会話だと、遅延はそれほど気にならないものです。

もう一つ、この手の常駐型アプリは、バッテリの消費も気になります。ここ数日入れてみた印象では、ほとんど気にする必要はないと思います。VOIPアプリによっては、OnSayの倍以上消費するものもありますが。ですから基本的には動作させっぱなしで問題ないとは思いますが、電力消費が気になる方は、メニューに「終了」ボタンがあり、バックグラウンド動作も止めることは可能です。

SkypeやViberなど、他のVOIPアプリでは、音声通話の他に、テキストでのチャット機能もあるのですが、このOnSayにはないようです。まぁ、Twitterでの相互フォロアー同士なら、Twitterのダイレクトメッセージ機能があるので要らないという話はありますが。

Twitterにハマると、同じ趣味の持ち主など、会話が弾んで、実際には一度も会ったことがないのに、オンラインでかなり仲良くなってしまうことなども結構あります。だからといってすぐこれで電話をするというのはかなり乱暴ですが、実際に会うことになったり、オフ会をやることになったときなど、これはかなり便利に使えるのではないでしょうか。もちろん、既知の友人との連絡用としても十分に使えるレベルのVOIPアプリだと思います。


利用時間:複数回
使用端末:HTC Sensation XE、Acer Stream、HTC Aria、Galaxy TAB(SC-01C)
OS:2.2、2.3
バージョン:1.0.0
--------
発売元:Life2Bits Inc.
更新日:2011年11月30日
価格:無料
対応機種:Android2.2以上



(小泊徹彦)

小泊徹彦

Writer by 小泊徹彦

小泊徹彦

Writer by 小泊徹彦


  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp