小泊徹彦

ついに正式版登場!PC版ユーザはICSが待ち遠しくなる『Chrome for Android』

Writer by 小泊徹彦

  • twtter
  • facebook
  • google

ついに正式版登場!PC版ユーザはICSが待ち遠しくなる『Chrome for Android』

  • iPhone
  • Android

chrome_top.jpg


ついに! 満を持して本命が登場です。

アンドロイド用のクローム(Chrome)、これまではベータ版として提供されてきましたが、ようやくベータが取れ、6月27日に正式版として公開されました。

といっても、相変わらず対応バージョンが4.0以降というのがネック。この夏モデルで対応端末も徐々に増えては来ていますが、そうそう乗り換えてもいられませんし、アップデート待ちの方も多いでしょう。

僕自身は海外製の端末を使っていたこともあり、結構前からベータ版をメインとして使ってきました。

で、実用性はどうなの?と聞かれれば、ほぼ文句なし! だと思います。

 
120703_chrome_7.jpg
 

 
以前は「ドルフィンブラウザー(Dolphin Browser)HD」をメインに使ってきており、最近は「ファイアフォックス(Firefox)」も使用しています。

ファイアフォックスは速いのはいいんですが、本文選択(コピペや検索など)が出来ないのが難点。次バージョンでは対応してくるそうですが。

クロームは、ファイアフォックスと比べても、速度的に(体感では)ほとんど遜色ないか、むしろ速いかも、と思わせるレベル。スクロールについては慣性の効き方などは個人的にはクロームの方が好みです(ファイアフォックスはやや鈍い)。元々ベータ版でも十分速かったのですが、今回の正式版へのアップデートで、ハードウェアアクセラレーションへの対応など、速度面でもかなり改良されたようです。

最近のブラウザらしく、複数のタブを開くことができますが、これらのタブは左右へのスワイプで切り替え。タブを前後に重ねたような一覧表示も可能で、この時にはそれぞれのタブを右にフリックすることで捨てることができます。このタブを重ねた表示では、下からのスワイプを5回繰り返す画面がぐるんぐるんと回るイースターエッグが話題になりました。

 
120703_chrome_3.jpg120703_chrome_6.jpg

 
そして、クロームの最大の魅力は、Googleのアカウントでログインすることで、PC版のブックマークなどを同期できること。

長くPCを使ってきた人ならわかってもらえると思いますが、かなり大量の、そして自分にとって使いやすいブックマークがPCのブラウザ上には出来ているはず。それを一つ一つアンドロイド上のブラウザに持って行くのは結構大変な作業であり、それが一気に引き継げるのは非常に魅力的。これだけで乗り換える価値有りと、個人的には思っています(ファイアフォックスもつい先日のバージョンアップで同様の機能に対応しました)。

これまでも、ChromeMarks Liteでブックマークの同期は出来ましたが、こちらは本家による対応ですし、ブックマークだけでなく、パスワードアドレスバーのデータなども同期します。

 
120703_chrome_5.jpg120703_chrome_4.jpg

 
また、アンドロイド端末で見ていたページをPCのブラウザ上に送ったり、その逆も可能。ページを送るだけなら、これも「Chrome to Phone」や「Phone2Chrome」、「2SendTab」(正直これはメチャメチャ愛用してます)などを利用することで、他のブラウザでも可能ではありますが、クロームなら、PC(ウィンドウズだけでなくマックリナックスも)のブラウザや他のアンドロイド、iOS端末上で開かれているタブのリストから、同じページを開くことができるのです!

パソコンや端末の電源を落としても、最後に同期したときのタブを確認することができますので、会社や自宅で開いていたページをアンドロイド上で開き直すことができます。

 
120703_chrome_2.jpg

 
そして、もう一つ。閲覧時の『設定』メニューが使いやすく、ここにユーザーエージェント切り替えがあるのも便利。最近のアンドロイド端末は高解像度化が進んでおり、スマートフォン用のページが用意されていても、デスクトップ版の表示で見たい、とか、デスクトップ版で見てみたらやっぱり見にくいのでスマートフォン用に戻したい、なんてことも結構あるので、個人的にこの機能に一発でアクセスできるというのは重要です。

 
120703_chrome_1.jpg

 
ユーザーエージェントの切り替え機能自体はドルフィンHDにもファイアフォックスにもあるのですが、特にファイアフォックスは設定のアドオンの中で切り替えなくてはならず、面倒です(ドルフィンは標準機能にもありますが、アドオンだと左スワイプ一発で切り替えられます)。

弱点があるとすれば、フラッシュ(Adobe Flash)が利用できないこと。個人的には、最近はあまり不便を感じなくなってきていますし、先日発表されたアンドロイドの次のバージョン、ジェリービーン(Jelly Beans:4.1)では正式にフラッシュ非対応が発表されていますから、コレも時代の流れなのでしょう。

また、今後の端末ではあまり気にならなくなるのではないかと思いますが、アプリのサイズがでかい約20Mもあります。メモリの厳しい端末だと難しいかも知れません。

現時点では、僕もメインで使っているギャラクシーノート(Galaxy NOTE:SC-05D)やオプティマスLTE(Optimus LTE:L-01D)ではクロームは使えない状態。これらの端末に、一刻も早くICSアップデートが来ることを心待ちにしてしまうのです。

 

利用時間:複数回
使用端末:HTC Sensation、Ainol Novo8
OS:4.0
バージョン:18.0.1025123
--------
発売元:Google Inc.
更新日:2012.06.27
価格:無料
対応機種:Android4.0以上

 
(小泊徹彦)

 

小泊徹彦

Writer by 小泊徹彦

小泊徹彦

Writer by 小泊徹彦


  • 機動戦士ガンダム RX-78-2シールドバッグ レッド
  • コスパ
  • by Amazon.co.jp