年吉聡太

【実力検証】話題のレシート撮影家計簿アプリ『たいやきくん』は、どこまで読み取れるのか

Writer by 年吉聡太

  • twtter
  • facebook
  • google

【実力検証】話題のレシート撮影家計簿アプリ『たいやきくん』は、どこまで読み取れるのか


さすがに手書きは、ね...。

スマホのカメラでレシートを撮影するだけで、商品名や金額、日付やその買い物の合計金額などを自動識別し、家計簿として登録してくれるアプリ『スナップショット家計簿 - たいやきくん』。

その使い方はタブロイドでもレビューしたとおり、便利そのものです。あまりに便利過ぎるので、欠点はないものかとあら探し、もといどこまで実用的かテストしてみました。

もうすぐやってくる確定申告に向けてため込んだ領収書の山のなかから、くたびれたのやら折れ曲がったのやらを取り出し、撮影してみました。内容はコンビニでの買い物からスイカへのチャージ、電話料金の支払い、などなど...。あくまでひとつの環境下でのテストですが、ご参考にどうぞ! 写真をクリックすれば、大きな画像でご覧いただけます。


■完全に読み取りができたレシート(領収書)

120105_taiyaki_ok01.JPG120105_taiyaki_ok02.JPG120105_taiyaki_ok03.JPG120105_taiyaki_ok04.JPG120105_taiyaki_ok05.JPG

多少古いレシートでも読み取りはパーフェクトにできています。最後の画像は、アマゾンでの購入明細を記したメールをA4用紙で出力したもの。商品名が「酸なめ子」となっているのは、購入した本の著者である辛酸なめ子先生の名前を読み取ったものでしょうか。


■読み取れたけど、数値や文言に誤差があったレシート(領収書)

120105_taiyaki_01.JPG120105_taiyaki_02.JPG120105_taiyaki_03.JPG120105_taiyaki_04.JPG120105_taiyaki_05.JPG120105_taiyaki_06.JPG120105_taiyaki_07.JPG


ひらがなや数字は問題ないのですが、画数の多い漢字では文字が潰れて認識ができない場合が多々みられます。また、スイカやパスモなど一般的なレシートとは異なる定型の領収書では、品名の正確な読み取りはできないようです。


■読み取りできなかったレシート(領収書)

120105_taiyaki_ng01.JPG120105_taiyaki_ng02.JPG120105_taiyaki_ng03.JPG


さすがに手書きの領収書は論外ですが、新幹線の領収書を読み取ることができなかったのは意外でした。

と、発行から時間が経って文字がかすれているレシートでも、健闘している印象を受けた今回の試し撮り。なにしろ、キレイな状態のもので、通常買い物の際に発行されるレシートであれば、完璧に近い読み取り能力。個人的には十分な精度だと感じました。


(年吉聡太)

 

年吉聡太

Writer by 年吉聡太

年吉聡太

Writer by 年吉聡太