×
金本太郎

スマホの見過ぎで疲れたので、PC用メガネ「JINS PC」を試してみた【自腹レビュー】

スマホの見過ぎで疲れたので、PC用メガネ「JINS PC」を試してみた【自腹レビュー】


120614_jins_pc.JPG


現代人って目が疲れますよね。スマートフォン、テレビ、PC、ゲーム機...大小さまざまなディスプレイを見ている人は、ふだんより目を痛めていると言われています。

それらの対策として最近注目されているのが、「PC用メガネ」。液晶ディスプレイのLEDバックライトが発する光から、目に負担をかける「ブルーライト」を軽減、目を疲れにくくするそうです。

ちかごろ、JINS(ジンズ)やZoff(ゾフ)といったメガネメーカーが、あれこれ新製品を投入して話題になっていますね。

わたしも仕事がら、1日じゅうスマホやPCを見続ける生活です。毎日、帰り道では目をショボつかせていましたので、さっそく試してみました。
 

120614_jins_pc1.jpg

今回テストしてみたのは、JINSの「JINS PC」。近所のお店で度入りのものを注文、10日ほど待ってからメガネを受け取りました。お値段はフレーム+レンズで1万円ほど。

 
120614_jins_pc2.jpg

JINS PCのレンズを、いままで使っていた眼鏡と比べてみました。上がJINS PC、下が普通のレンズです。真っ白な背景でチェックすると、レンズが黄色いのがわかります。

 
120614_jins_pc3.jpg

眼鏡を通して画面を見ると、少し色が変わって見えます。あと、ちょっと視界が暗くなる。ま、10分もすれば慣れるレベルです。

 
1週間ほどノーマルの眼鏡とかわるがわる試してみましたが、ディスプレイを長時間見続けたときの「目がヒリヒリする感じ」がだいぶ減りました。

プラセボ(効きめがあると思うことで効果を感じる、暗示のような現象)という感じもしないし、これは効果アリでしょ!

個人的に失敗したと思ったのは、セルフレームにしたところ。いままでチタンのメタルフレームだったので、セルの太いテンプル(つる)が耳にあたって痛い。そのうちフィッティングに行こうと思います。あと、買った週のうちに、レンズの透明度が高いクリアレンズ新製品が出たのがくやしいっ...! 予定してたのなら早めに発表しておいてよ!


「JINS PC」はその名前のとおり、PCで作業する人に向けられた眼鏡ですが、スマホやタブレットもブルーライトが発生しているのは同じ。目の疲れを感じているなら、トライする価値はあります。

ちなみに、蛍光灯バックライトの液晶テレビや、有機ELディスプレイを搭載したスマホは、LEDほどブルーライトを出しません。「メガネかけるの面倒!」ってかたは、スマホを選ぶときに有機ELの製品を選ぶってのも手ですね。

 
JINS PC
Zoff PC

(金本太郎)

 

オトコをアゲるニュース・タブロイドを「いいね!」しよう
金本太郎

Written by 金本太郎

テクノロジーによって、人や社会がどんどん変化していくのを見ていると「いまが未来なんだなー」ってワクワクします。いま人間にもっとも近い場所にあるコンピューターであるスマートフォン/タブレットにもわくわくしてます。

金本太郎

Written by 金本太郎

テクノロジーによって、人や社会がどんどん変化していくのを見ていると「いまが未来なんだなー」ってワクワクします。いま人間にもっとも近い場所にあるコンピューターであるスマートフォン/タブレットにもわくわくしてます。


  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp