視線で操作するタブレット「i beam」を試してみたビィィーーーム!


121002ibeamtop01.jpg


マウスでもタッチでもなく、これからはビィ---ム!

アジア最大級のIT展覧会・CEATEC2012に出展された、視線で操作するドコモ製タブレット「i beam」を試してみましたよ。

先ほどご紹介したスマホを握って操作する「Grip UI」も魅力でしたが、視線で操作はまさにSF映画ですよね。


121002ibeam02.jpg


噂はあれど中々一般化されないアイトラッキング技術。実現すれば、タブレットのUIに、いや全ガジェットに革新的飛躍をもたらすのは間違いありません。

この開発者泣かせのウルトラC難易度テクノロジーに、我らがドコモが挑む!


緑の〇が私の目線です


121002ibeam03.jpg

一点を凝視するも、アイコンがなかなか定まらない...

ちなみにタブレットはかなり細長&大型(iPadより長め)、それでいてアイコンは大きく、アイトラッキングに向いている形ですよ。


121002ibeam04.jpg

右上の×アイコンにビーム! だけど相当苦戦しています。


121002ibeam05.jpg

アイコンのクリックは、約1秒間停止すること。意識していても、勝手に動いちゃうよ~。


ドコモの方曰く「あくまで試作機で、具体的な商品化の予定は無い」とのこと。たしかに実用化にはまだちょっと厳しい精度。

また、サングラスはトラッキング不可能で(普通のメガネは赤外線が反射するので精度が落ちるだけ)、キャリブレーション時からユーザーが動いても利用不可とのこと。

う~ん、まだまだ「夢の技術」感は拭えません。とはいえ私達が生きてる時代は日進月歩。次回お目見えする時は、まったく違ったものになってるかもしれません。

というか、そうなることを期待してますよ!


[NTTドコモ CEATEC JAPAN 2012 スペシャルサイト](Pic)

(伊藤ハワイアン耕平)

オトコをアゲるニュース・タブロイドを「いいね!」しよう
伊藤ハワイアン耕平

Written by 伊藤ハワイアン耕平

「きっちり足にあった靴さえあれば、じぶんはどこまでも歩いていけるはずだ」(須賀敦子) 佐渡島出身、ハワイ大学社会福祉学部卒業の伊藤耕平です。よろしくお願いします!
伊藤ハワイアン耕平

Written by 伊藤ハワイアン耕平

「きっちり足にあった靴さえあれば、じぶんはどこまでも歩いていけるはずだ」(須賀敦子) 佐渡島出身、ハワイ大学社会福祉学部卒業の伊藤耕平です。よろしくお願いします!

  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp