グーグル直伝! iPhone用Googleマップの便利な使い方10選


121226_googlemapstec_top.jpg


知らなかった便利な機能が見つかるかも。

今月の13日に公開されてからというもの、iPhoneのマストアプリとなった「Googleマップ」。iPhoneユーザーの皆さんは、もうお使いになっていることかと思います。

そんな便利な「Googleマップ」の便利な機能10個を、作者であるGoogleが自ら公式サイトで公開していましたのでご紹介します。今まで知らなかった、意外な機能が見つかるかもしれませんよ。


1.ピンを配置する

121226_googlemapstec_01.jpg

マップ上の好きな場所を長押しすると、ピンを配置することができます。配置したピンの情報シートから、場所の保存やストリートビューなどの追加オプションが使用できます。


2.ストリートビュー

ストリートビュー」を見るには、マップ上の好きな場所を長押しして、表示された情報シート上をタップします。「ストリートビュー」に対応した場所であれば画像が表示されますので、その画像をタップすればOK。

画面左下のアイコンをタップしたり、iPhoneを傾けることでその場所を見て回れます。


3.フィードバックの送信

マップ使用中にiPhoneを振ることで、Googleにフィードバック(意見の送信)をすることができます。地図に間違いを見つけたり、要望があれば送ってみましょう。


4.スワイプ操作でさらなる詳細を

情報シートを左右どちらかにスワイプすることで、新しい道順を検索できます。


5.アクセスビュー

121226_googlemapstec_02.jpg

画面右下の3つの点をタップするか、2本指で画面を左にスワイプすることで、衛星画像や交通情報などを見ることができます。


6.ナビのプレビュー

121226_googlemapstec_03.jpg

ナビモードの時、画面上部のバーを左にスワイプすることで、道順のプレビューが見れます。画面下部のバーをタップすることで、推定所要時間や距離に切り替わります。


7.1本指ズームイン・アウト

地図上をタブルタップしたまま上下にスワイプすることで、拡大と縮小ができます。


8.自宅と仕事場

自宅と仕事場の住所を保存しておくことができます。画面右上、検索バーの横にあるプロファイルボタンを押すと入力画面になります。この情報は、各デバイスで共有可能です。


9.コンパスモード

画面の左下にある「My location」ボタンを2回タップすると、コンパスモードに切り替わります。


10.場所の保存

121226_googlemapstec_04.jpg

情報シート上のスターをタップすることで、場所の保存をしておくことができます。


さすがはGoogleマップ、便利な機能が盛り沢山ですね。Googleのサイトの方では、すべての項目が画像つきで紹介されてますのでそちらもどうぞ。

これらの機能を使って、皆さんもバリバリ使いこなしてください。

関連記事:

121226_googlemapstec_05.jpg

渋滞情報が追加されますます便利になった『モバイルGoogleマップ』

Quick tips on using Google Maps for iPhone®[Google via CNET Japan]

(コンタケ)

オトコをアゲるニュース・タブロイドを「いいね!」しよう
コンタケ

Written by コンタケ

まったりオンラインゲーマー。日々のんびり、ゆっくり、スロー生活。Androidを使って皆さんに普段の生活のちょっとした「困った」「わからない」「めんどくさい」を解消する方法を提供していきたいです。まだまだ若輩者ではありますがどうぞよろしくお願いします。
コンタケ

Written by コンタケ

まったりオンラインゲーマー。日々のんびり、ゆっくり、スロー生活。Androidを使って皆さんに普段の生活のちょっとした「困った」「わからない」「めんどくさい」を解消する方法を提供していきたいです。まだまだ若輩者ではありますがどうぞよろしくお願いします。

  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp
  • くもんの世界地図パズル
  • くもん出版
  • by Amazon.co.jp