全米が乾いた! 水没したスマホを復活させる 超強烈乾燥剤『ビーズディー』 [動画あり]


131105bheestie01.jpgもう少し早く手に入っていれば...(水没経験者)

きっと携帯電話や電子機器を水没させて壊してしまった経験がある人は多いはず。僕の身の周りでも自分自身のケータイ水没経験に加え、カーチャンがトイレにケータイを流してしまったという苦い経験があったりします。

そんななか、今までは諦めてしまうことの多かった水没から僕らを救ってくれる救世主が颯爽と登場。それが特殊乾燥剤入りのモバイル機器乾燥バッグ『ビーズティー(BHEESTIE)』です。
 


131105bheestie02.jpg

製品説明によれば、モレキュラーシーブと呼ばれる特殊な乾燥材によって袋の中身の水分を吸収して水没したモバイル機器を蘇らせるのだそう。



商品サイトやYouTubeに用意された動画を観ると非常に簡単なステップで携帯電話を復活させているので、機械の苦手な人やウチのカーチャンでも安心して使えそうです。

以下に、水没から復活までの手順を写真で追ってみましょう。

131105bheestie03.jpg

金魚鉢に沈められた二つ折りケータイ。そういえば可動部分の多いフィーチャーフォン(やガラケー)のほうがスマホより水没に弱そうな印象があるなぁ。

131105bheestie04.jpg

水分をよく拭き取って、バッテリーを取り外します。

131105bheestie05.jpg

水没デバイスをビーズティーの袋に入れたら、

131105bheestie06.jpg

袋をジッパーでしっかり密閉し、水没の程度にもよりますが約12〜24時間程度そのままにしておきます。

131105bheestie07.jpg

取り出してみると...ケータイ復活! なにそれすごい!

もちろん100%復活する保証はないそうですが、処置が早ければそれだけ復活の可能性も高いのだそう。携帯電話意外にもゲーム機やミュージックプレイヤー、さらにサイズの大きいビーズティー・バッグを使えばタブレットやノートPCも復活できると言います。また、乾燥剤が変色するまでは繰り返しの使用も可能というのが嬉しいですね。

131105bheestie08.jpg

ちなみに日本国内でもビーズティーの日本語サイトからリンクされているネット通販ショップで購入可能。価格はSサイズ(スマホ等)が2,625円、Lサイズ(タブレット対応)で4,725円です。商品サイトではまだ準備中となっていますが、今後も販売店は増えていくのかもしれません。

今や日本では防水端末も多くなってるけれど、備えあれば憂いなし。非常時のためにも手元に置いておこうかしら。



[BHEESTIE(ビーズティー)]

(ワタナベダイスケ)

 

オトコをアゲるニュース・タブロイドを「いいね!」しよう
ワタナベダイスケ

Written by ワタナベダイスケ

新潟と東京を行き来する放浪のフリーランサー。日中は専門学校講師だったりもするが、本業が何だったのかは既に本人でさえわからない。生活の大半をスマートフォンとMacに依存するちょっとアレな人。常に電波と電源の確保に必死。
ワタナベダイスケ

Written by ワタナベダイスケ

新潟と東京を行き来する放浪のフリーランサー。日中は専門学校講師だったりもするが、本業が何だったのかは既に本人でさえわからない。生活の大半をスマートフォンとMacに依存するちょっとアレな人。常に電波と電源の確保に必死。

  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp
  • ランドポート 水没スマートフォン復活ツール BHEESTIE (ビーズティー) Lサイズ BHS-93TL
  • ランドポート
  • by Amazon.co.jp