×
ワタナベダイスケ

洗濯の大革命になるか? P&Gが家庭用ドライクリーニング機を発売


140724swash01.jpg変わらないと思っていた洗濯が、進化する!

米国のP&Gと家電メーカーのワールプール・コーポレーションは、家庭でドライクリーニングができる次世代洗濯ガジェット『スウォッシュ(Swash)』を9月から発売するのだそうです。


140724swash02.jpg

薄型のボディで場所を取らず(高さ1.3m、幅43cm)、水も不要で洗濯乾燥とアイロンの機能を兼ね備えているという、驚きの製品。しかも1回の洗濯にかかる時間はわずか10分。まさにスマートデバイス時代のビジネスパーソンが待望したアイテムです。



140724swash03.jpg

『スウォッシュ』内に衣服を固定し、専用の洗剤パックを装着して使用。洗剤が衣類全体に噴霧されて汚れを落とし、乾燥した空気が庫内を循環することで乾燥・アイロンがなされる仕組みになっているようです。

デニム、ウール、ポリエステル、ライクラ、コットン、カシミア、スパンコール、ビーズやレースと幅広い素材の衣服に使えるのもいいですね。

今のところ米国のみでの発売予定ですが、本体価格は499ドル(約5万円)と、今までにないガジェットとしては高すぎない価格設定になる模様。


140724swash04.jpg

ただし、ポーションタイプの専用洗剤が12個セットで6.99ドル(約710円程度)とややお高め。でも今まではクリーニング店に出していたコストを考慮すると、それほど悪くないのかも。

長年にわたって大きく変わることがなかった、家庭での洗濯。これを変えてくれる新ガジェットにはワクワクさせられますね。ところでドライ洗濯の場合って、ポケットにスマホを入れっぱなしで洗っちゃったりするとどうなるんでしょうね?


Swash household gadget freshens and dewrinkles clothes [Mail Online]
[Swash 10-Minute Clothing Care System]

(ワタナベダイスケ)

 

オトコをアゲるニュース・タブロイドを「いいね!」しよう
ワタナベダイスケ

Written by ワタナベダイスケ

新潟と東京を行き来する放浪のフリーランサー。日中は専門学校講師だったりもするが、本業が何だったのかは既に本人でさえわからない。生活の大半をスマートフォンとMacに依存するちょっとアレな人。常に電波と電源の確保に必死。
ワタナベダイスケ

Written by ワタナベダイスケ

新潟と東京を行き来する放浪のフリーランサー。日中は専門学校講師だったりもするが、本業が何だったのかは既に本人でさえわからない。生活の大半をスマートフォンとMacに依存するちょっとアレな人。常に電波と電源の確保に必死。

  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp
  • ダウニー リキッドエイプリルフレッシュ 3.83L
  • シービック
  • by Amazon.co.jp