【大人のLINE講座】第17回 グループの使いかた


大人のLINE講座

今さら聞けないLINEのあれこれを解説する「大人のLINE講座」、第17回は「グループの使いかた」です。

LINEには1対1で話せるトークの他に、複数人でチャットができる「グループトーク」の機能があります。会社の部署や友人、家族でグループを作っておけば、連絡事項を周知させたり、共通の話題で盛り上がるなど便利に使えますよ。

今回はグループの作成方法と、グループの2つの機能「トーク」「ボード」について解説します。

グループの作りかた


140924line_guide_17_001.jpg

グループは友だちリストから作成します。友だちリストの右上の「+」をタップし、友だち追加画面で「グループ作成」へ進みます。


140924line_guide_17_002.jpg

グループ作成画面になりました。まずはグループ名を設定しましょう(あとで変更することも可能です)。グループのメンバーは「+」ボタンから追加します。追加したいメンバーにチェックを入れて、右上の「選択」をタップすれば追加完了です。

グループ名、メンバーを設定したら、右上の「保存」をタップして完了です。


140924line_guide_17_003.jpg

友だちリストにグループが追加されました。なお、グループに追加したメンバーには、グループの「招待」が送られます。招待を受け、グループへの参加を表明した友だちのみ、グループのメンバーになります。

多人数でワイワイ話す「トーク」


140924line_guide_17_004.jpg

グループの「トーク」は、基本的には1対1のトークと同じです。メッセージやスタンプ、写真などを多人数でワイワイとやりとりすることができます。

通常のトークと異なるのが「既読」の表記。グループトークでは、「既読1」など数字が併記され、このメッセージを読んだ人数がわかるようになっています。

既読の数字がメンバー数-1(自分)と一致すれば、全員がメッセージを読んだことになります。なお、誰がメッセージを読んだかまではわかりません。

掲示板のように書き残す「ボード」


140924line_guide_17_005.jpg

多人数でグループトークをやりとりしていると、大事な情報がすぐ上へ流れてしまうことも。

そんな時は「ボード」が便利です。トークが会話ならば、ボードは掲示板。待ち合わせなどの情報や、他愛のないつぶやきまで、メンバーなら誰でも読み書きすることができるエリアです。

ボードの書き込みは「ノート」と呼ばれ、スタンプや写真も使うことができます。それぞれのノートにコメントもつけられるので、トークとはまた違ったコミュニケーションが楽しめます。

また、ボードに投稿をすると、同じ内容がトークの画面につぶやかれます。これなら確認漏れも防げますね。

Tips:グループの招待を受けたら......


140924line_guide_17_006.jpg

上記ではグループの作成方法を解説しましたが、他の人が作ったグループに招待されることもあります。

招待の通知を受けたら、「拒否」か「参加」をタップして伝えましょう。「参加」をタップするとグループへ参加することができます。

「拒否」をタップした場合はグループに参加しません。なお、相手には拒否の旨は伝わらず「招待中」の表記のままになっています。拒否した相手から「招待したんだけど見た?」と言われるかもしれませんので、覚えておきましょう。

なお、間違えて拒否をしてしまった場合は、グループの管理者にもう一度招待してもらう必要がありますので、管理者にその旨を伝えましょう。

 

オトコをアゲるニュース・タブロイドを「いいね!」しよう
井上マサキ

Written by 井上マサキ

手の中の未来にワクワクする、iPhone大好きライター。ゲームもツールも「その発想はなかった!」と驚かせてくれるアプリに心惹かれる日々。家では子供まみれの二児の父。好きな食べ物はカレーとかりんとう。好きな路線図はプラハ地下鉄。
井上マサキ

Written by 井上マサキ

手の中の未来にワクワクする、iPhone大好きライター。ゲームもツールも「その発想はなかった!」と驚かせてくれるアプリに心惹かれる日々。家では子供まみれの二児の父。好きな食べ物はカレーとかりんとう。好きな路線図はプラハ地下鉄。

  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp
  • ソニー Bluetooth対応ワイヤレススピーカーシステム(ホワイト)お風呂でも使える防水タイプSONY SRS-X1-W
  • Sony
  • by Amazon.co.jp