スマホやコンピュータの頭脳「プロセッサ」って何だろう?


141017ohayougo0035processor04.jpg
みなさん、おは用語!

「コンピュータ」と聞くとパソコンのようなものを連想しがちですが、スマホやタブレットもコンピュータの一種です。

これらのコンピュータにとって欠かせない部品が、データの計算や処理を行う『プロセッサ』。今朝はこれがどんなものなのかを見ていきましょう。

プロセッサの役割と速さの単位

CPUMPUと呼ばれることもある『プロセッサ』は、スマホ本体やアプリを動かすために莫大な計算をこなす「頭脳」の役割を果たします。

小さなチップ状の電子部品としてコンピュータに組み込まれていて、メインメモリとの間でデータのやりとりをしながら、さまざまな処理をしています。

141017ohayougo0035processor01.jpg

iPhone6に搭載されているプロセッサ『A8チップ』(画像はWikipediaより

プロセッサが計算をこなす速さはクロック周波数で表され、単位はヘルツ(Hz)です。

最近のスマホ用プロセッサには2GHz(毎秒20億)クラスの高速で動作するものがあり、パソコンに近いほど性能が高くなってきました。

プロセッサ内部で演算を行う部分である『コア』の数を増やすことでも、高速化が可能です。コアもかつてはシングル(1つ)でしたが、今はデュアル(2つ)、クアッド(4つ)と倍々で増えています。脳を2つ、4つと増やしていくイメージですね。

なお、現在のスマホのプロセッサは1つのチップに複数の機能を持たせる『SoC』(システム・オン・ア・チップ)として設計されるのが主流です。こうすることで、機能のわりにチップを小さく、安価にすることができました。

スマホの代表的なプロセッサ

前出したA8チップはiOS端末のみに採用、一方のAndroidスマホでは米クアルコム社のスナップドラゴン(Snapdragon)プロセッサなどが代表的なものになります。

141017ohayougo0035processor02.jpg

Snapdragonプロセッサ(Qualcomm Products)

141017ohayougo0035processor03.jpg

そうそう、最新のスナップドラゴンはグーグルのネクサス6にも搭載されていますね。クアッドコア(演算コアが4つ)でクロック周波数が2.7GHzと、かなりハイスペックであることが読み取れます。

ちなみにスペック表にある『GPU』というのは、グラフィック(画像)処理を専門に扱うプロセッサのこと。これもあわせて覚えておきましょう。

それでは皆さん、今日も一日スマートに! いってらっしゃい!


Photo by Thinkstock/Getty Images

オトコをアゲるニュース・タブロイドを「いいね!」しよう
ワタナベダイスケ

Written by ワタナベダイスケ

新潟と東京を行き来する放浪のフリーランサー。日中は専門学校講師だったりもするが、本業が何だったのかは既に本人でさえわからない。生活の大半をスマートフォンとMacに依存するちょっとアレな人。常に電波と電源の確保に必死。
ワタナベダイスケ

Written by ワタナベダイスケ

新潟と東京を行き来する放浪のフリーランサー。日中は専門学校講師だったりもするが、本業が何だったのかは既に本人でさえわからない。生活の大半をスマートフォンとMacに依存するちょっとアレな人。常に電波と電源の確保に必死。

  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp
  • DYSON DC62motorhead DC62MH
  • Dyson (ダイソン)
  • by Amazon.co.jp