×
ワタナベダイスケ

「ダイヤモンド富士」撮影のベストスポットはココだ!


141113diamondfuji01.jpgただでさえ世界遺産の富士山がさらに神々しく。

太陽が昇る、あるいは沈む瞬間に、太陽と山頂とがぴったり重なる現象を『ダイヤモンド富士』と呼びます。そんな神秘的な様子を東京都内で見られる絶好のタイミングが今まさに到来しています。

池袋のサンシャイン60展望台からの眺望は、ちょうど11月16日(日)前後に山頂と太陽の重なりが最も大きくなるとされ、11月13日から19日までの期間はダイヤモンド富士の見頃なのだそう。東京から富士山だとかなり遠いイメージがありますが、ズームを使うなどの工夫をすれば、スマホでも充分に撮影が楽しめますよ。


141113diamondfuji07.jpg

方角は南西、夕方の16時半頃をねらえ


141113diamondfuji02.jpg

サンシャイン60展望台からだと、富士山は南西の方角に位置します。そしてこの時期の日没は16時35分。このポジションとタイミングさえ押さえておけば、後は運を天に任せるのみです(天候的な意味で)。


141113diamondfuji03.jpg

スマホでダイヤモンド富士を撮影しよう


141113diamondfuji04.jpg

最近のスマホはカメラ性能が高いので、それなり以上の品質でダイヤモンド富士を写真におさめることができます。ぜひともお試しあれ。


141113diamondfuji05.jpg

上の写真は、私が実際にサンシャイン展望台でスマホ(iPhone5)を使って撮影したもの。左がズームなし、右がピンチ操作で最大までズームをかけたものです。さすがにズームすると画質が悪くなりますが、それはそれで味わいとして楽しみましょう。

ウロウロしている隙にタイミングを逃してしまい、太陽がほぼ完全に富士山の陰へと沈んだ状態になってしまったのが心残りです。とほほ。


141113diamondfuji06.jpg

光の加減と被写体の遠さもあり、かなりピントが合いにくいのですが、とにかく手ブレだけしないように固定して撮影していけば、何枚か良い写真が撮れるはず。アングルなどを工夫すれば、東京の街並みとダイヤモンド富士を同時におさめることができるのも、このロケーションの魅力です。

「サンシャイン60には行けないけど雰囲気だけは楽しみたい」という人には、サンシャイン60展望台 (@Sun60tenbodai) のTwitterもオススメですよ。



[サンシャインシティ サンシャイン60展望台]

 

ご一緒にスマホ撮影術をマスターしませんか?:

プロ直伝・スマホ写真のイロハ(シリーズ連載)
オトコをアゲるニュース・タブロイドを「いいね!」しよう
ワタナベダイスケ

Written by ワタナベダイスケ

新潟と東京を行き来する放浪のフリーランサー。日中は専門学校講師だったりもするが、本業が何だったのかは既に本人でさえわからない。生活の大半をスマートフォンとMacに依存するちょっとアレな人。常に電波と電源の確保に必死。
ワタナベダイスケ

Written by ワタナベダイスケ

新潟と東京を行き来する放浪のフリーランサー。日中は専門学校講師だったりもするが、本業が何だったのかは既に本人でさえわからない。生活の大半をスマートフォンとMacに依存するちょっとアレな人。常に電波と電源の確保に必死。

  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp
  • 1000ピース めざせ!パズルの達人 パワースポット ダイヤモンド 富士 (50cmx75cm)
  • エポック社
  • by Amazon.co.jp