遠くに住むお年寄り、これからはテレビで見守れます


141120jointalk01.jpgスマホやPCの苦手なお年寄りでも使えそう。

テレビの新たな活用法として、徳島県、四国放送、日本テレビが発表した災害対策・高齢者対策事業が『JoinTown』です。これを使えば、離れて暮らす家族とのコミュニケーションや、災害時の避難指示・安否確認もテレビを通して行えるようになるのです。

テレビを用いたコミュニケーション機能


141120jointalk02.jpg

JoinTownで見守られる側の操作はスマホやPCでなく、高齢者にもなじみの深いテレビだけで完結します。見守る側の家族はスマホ・タブレットで写真を送ったり、メッセージを送信することができます。

141120jointalk03.jpg

メッセージの送信側があらかじめ返事をいくつか用意しておくことで、文字入力が苦手な高齢者でもテレビのリモコン操作で返信が簡単。また、なにか困りごとがあった時にはテレビからの相談コール(コールセンター)をかけることもできるのです。

安否確認・災害対策にテレビを活用

テレビを軸にしたサービスならではの独特な安否確認の仕組みを持っていて、利用者のテレビがずっとつきっぱなしだったり、逆に長時間ついていなかったりといった記録を安否判断に利用します。

141120jointalk04.jpg

万が一の災害時にはテレビから避難呼びかけを行う機能も。JoinTownでは加入者のテレビごとに個人登録を行うため、この時テレビには「◯◯さん、△△避難所に避難してください」といったようにパーソナライズしたメッセージを発信できるのだそう。

現在は先着5,000名限定の無料モニターを募集中で、スマホ側のアプリはiOSAndroidともにすでに配信中です。ただしテレビ側はまだ徳島県と一部の限定された地域のみで利用可能とのことですので要注意。他の地域にも広がってほしいというユーザーも多そうなサービスですね。今後の展開に期待です。

 
[ミマモルテレビJoinTown徳島-テレビで見守る。テレビでつながる。-]

 

オトコをアゲるニュース・タブロイドを「いいね!」しよう
ワタナベダイスケ

Written by ワタナベダイスケ

新潟と東京を行き来する放浪のフリーランサー。日中は専門学校講師だったりもするが、本業が何だったのかは既に本人でさえわからない。生活の大半をスマートフォンとMacに依存するちょっとアレな人。常に電波と電源の確保に必死。
ワタナベダイスケ

Written by ワタナベダイスケ

新潟と東京を行き来する放浪のフリーランサー。日中は専門学校講師だったりもするが、本業が何だったのかは既に本人でさえわからない。生活の大半をスマートフォンとMacに依存するちょっとアレな人。常に電波と電源の確保に必死。

  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp
  • ブラウン 電動歯ブラシブラウンオーラルB プラチナブラック7000 D365356XS
  • ブラウン
  • by Amazon.co.jp