iPhoneの『リマインダー』やAndroidの『タスク』、ちゃんと使えてますか?


20141130_todo_top.jpg
忘れてはいけないこと、皆さんはどのようにして覚えていますか?

記憶力に自信のある人なら、頭で覚えているのかもしれませんが、ほとんどの人はどこかにメモを残しているでしょう。

期日のない中長期的な用件に使う

今日中にやってしまえるような用件なら、普段よく目にする物に付箋を貼り付けたり、あるいは手の甲に書き込んだりして、手軽にメモを済ませてしまうことができます。

または、日時がはっきりしている用件についても、スケジュール帳やスマホのカレンダーに予定を書き込んでおけばいいでしょう。


20141130_todo_06.jpg

ところが、特に日時が定まっておらず、すぐに手を付けるような事でもないという場合、忘れがちになってしまうものです。

どこかにメモしておいても、そのメモがどこかに行ってしまったり。日時が決まっていないので、スケジュール帳の欄外に書いてみたものの、そのままページが進んでしまい、忘れ去ってしまうなど。

このような「やるべきこと」を管理するためにあるのが、一般的に「ToDoリスト」と呼ばれるものなのです。システム手帳などを使っている人なら、触れる機会があったかもしれません。

使う習慣をつける


20141130_todo_03.jpg

その『ToDoリスト』のスマホアプリ版が、iPhoneの『リマインダー』や、Androidの『タスク』です。これらは手書きの場合と違い、終わった用事を消去して並べ替えることが容易なため、整理が楽という利点があります。

逆に欠点は何かというと、スマホの文字入力は大抵の人にとっては手書きより煩わしいと感じる点。そして、アプリを開く習慣がついていないと、せっかくのメモが役に立たないという点です。

スマホの文字入力については、残念ながら慣れていただくより他に薬はありませんが、アプリを開く習慣については、身につける良い方法があります。

iPhone『リマインダー』の場合


20141130_todo_05.jpg

リマインダーを開き、新しいタスク(用件)を作成します。件名は「リマインダーの確認」とでもしておきましょう。


20141130_todo_01.jpg

タスクの詳細設定で、繰り返しの設定を毎日とし、お好きな時間にアラームを設定してください。これで、指定した時間に「リマインダーの確認」という通知が鳴りますので、チェックを忘れることはないでしょう。

Google『タスク』の場合

一方、Android標準搭載の『タスク』には、繰り返し通知をさせる機能がありません。ただ、同様の機能は「カレンダー」で利用可能ですので、iPhoneのときと同様「タスクの確認」という繰り返しイベントを作成します。


20141130_todo_02.jpg

お好きな時刻に予定を設定し、繰り返しを毎日とし、アラーム通知(ポップアップ)をセットしておいてください。以上のように設定しておいていただくことで、最低でも1日に1回はアプリを開いて確認する習慣がつくと思います。

何でも保存しておく

備忘録として、とにかく何でもメモしておくようにしましょう。

実は、あらゆる物を保存しておくための、もっと便利なスマホアプリは、他にもあります。それについては後々解説をしていきますので、まずは、標準で使えるこれらのアプリを使いこなしていただき、ToDoアプリの使い勝手に馴染んでおいて欲しいと思います。

常に携帯しているスマホだからこその便利さを、実感できるはずです。

 

オトコをアゲるニュース・タブロイドを「いいね!」しよう
田中宏和

Written by 田中宏和

自分の持ち物を自分好みにアレンジするのが好きなので、そんな趣味がお役に立てれば。スマホは、色々なアプリで多彩な楽しみ方ができて楽しいですよね。iPhoneもAndroidも良いんだけど、Windows Phoneも使ってみたし。
田中宏和

Written by 田中宏和

自分の持ち物を自分好みにアレンジするのが好きなので、そんな趣味がお役に立てれば。スマホは、色々なアプリで多彩な楽しみ方ができて楽しいですよね。iPhoneもAndroidも良いんだけど、Windows Phoneも使ってみたし。

  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp
  • 卓上メモ&付箋セット
  • アーテック
  • by Amazon.co.jp