「そうだ、京都でネットしよう!」KYOTO Wi-Fiの繋ぎ方


141222kyoto_wifi01.jpg

公共交通機関の発着地点を中心に西日本のWifiスポットを巡り、使い方を解説する短期連載をお送りします。年末年始の旅行や帰省などにご利用ください。

圧倒的アクセスポイント数。京都はWi-Fi天国でした。

日本全国で整備が進んでいる、観光客向けの無料Wi-Fi接続サービス。一大観光地として国内外から注目を集める京都市では、『KYOTO Wi-Fi』という24時間利用可能な無料Wi-Fiを提供しています。

このサービスの特徴は、なんといっても市内の観光地をバッチリ網羅したWi-Fiアクセスポイントの多さ。地下鉄を含めた京都駅周辺からコンビニ、公共機関や市内の名所の数々まで、とにかくWi-Fiの電波が飛びまくっていますよ。


141222kyoto_wifi05.jpg

KYOTO Wi-Fiには、「KYOTO Wi-Fi」「KYOTO_WiFi01」「KYOTO_WiFi02」という3つのネットワーク名(SSID)を持つアクセスポイントが存在しています。それぞれに接続のための設定方法が異なりますので、目的地でどのWi-Fiが使えるか、事前にエリアマップで確認しておくと良いでしょう。

すぐに使える「KYOTO Wi-Fi」

1つ目は、アクセスポイント設置数が多く、接続が簡単な「KYOTO Wi-Fi」です。市外からの観光客であれば、まずはこのWi-Fiを使えるようにしておきましょう。京都駅周辺にもたくさんのアクセスポイントがありますよ。

KYOTO Wi-Fi接続の手順

141222kyoto_wifi03.jpg

1. スマホ・タブレットの「設定」→「Wi-Fi」で「KYOTO Wi-Fi」を選択し、そのまま待つ

2. ログイン画面が表示されるので、利用規約を読んで「同意する」をタップする

アクセスポイントの多さ、接続の簡単さの両面から、おそらく使い勝手が一番良い京都の無料Wi-Fiサービスといえるでしょう。1度つないでしまえば、24時間は継続して利用可能となります。

メール登録が必要な「KYOTO_WiFi01、02」

「KYOTO_WiFi01」「KYOTO_WiFi02」では、利用する前に下のアドレスに空メールを送り、ゲストコードを取得しておく必要があります。

メールが届いたら、以下の手順でWi-Fiの接続設定をしましょう。

141222kyoto_wifi04.jpg

(画像はKYOTO Wi-Fi01のもの)

1. スマホ・タブレットの「設定」→「Wi-Fi」で「KYOTO_WiFi01」(もしくは02)を選択する。

2. ログイン画面で、メールに記載されていたゲストコードを入力する(コピー&ペーストでもOK)。

こちらのゲストコードの有効期間は初回ログインから3時間。なお、取材時点では「KYOTO_WiFi02」はつながりにくいポイントが多かった印象です。これについては設置箇所も少なく、区役所など公共施設中心の設置なので、無理せず別のポイントを探しても良いかと思います。


141222kyoto_wifi06.jpg

京都の駅付近エリアでは、KYOTO Wi-Fi以外にも商業施設やJR西日本(ドコモ、フレッツ、BBモバイルポイント、UQ Wi-Fi)による多数のWi-Fiアクセスポイントがあり、モバイル環境の整備はかなりの水準。

海外からの観光客でなくても、こうしたサービスは徹底的に活用したいもの。長期休暇に京都観光をお考えの方は、ぜひWi-Fiの有効利用をご検討くださいね。それでは良い旅を!

ご注意: 「KYOTO Wi-Fi」の無線LANは、暗号化されていないため、通信が盗聴・傍受されるおそれがあります。クレジットカード情報や個人情報を伴う通信には細心の注意を払うようお気をつけください(Wi-Fi暗号化の関連記事はコチラ)。

 [KYOTO WiFi]

 

オトコをアゲるニュース・タブロイドを「いいね!」しよう
ワタナベダイスケ

Written by ワタナベダイスケ

新潟と東京を行き来する放浪のフリーランサー。日中は専門学校講師だったりもするが、本業が何だったのかは既に本人でさえわからない。生活の大半をスマートフォンとMacに依存するちょっとアレな人。常に電波と電源の確保に必死。
ワタナベダイスケ

Written by ワタナベダイスケ

新潟と東京を行き来する放浪のフリーランサー。日中は専門学校講師だったりもするが、本業が何だったのかは既に本人でさえわからない。生活の大半をスマートフォンとMacに依存するちょっとアレな人。常に電波と電源の確保に必死。

  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp
  • 京都魔界案内―出かけよう、「発見の旅」へ (知恵の森文庫)
  • 小松 和彦|光文社
  • by Amazon.co.jp