ロマンスカー車内で使えた!「odakyu Free Wi-Fi」の設定方法を完全解説


141201odakyu15.jpg思ったより事前準備が大変かもしれませんよ...。

箱根を中心とした多くの観光地へのアクセスを提供する小田急グループ。12月1日より開始した無料Wi-Fiの『odakyu Free Wi-Fi』は、新宿駅と箱根エリア各地に加えて特急列車ロマンスカーの車内でも無料のインターネット接続が利用できるサービスです。

141201odakyu14.jpg

ロマンスカー・VSE(50000形)の車内でも無料Wi-Fiが使えるようになりました(画像は小田急電鉄「ロマンスカーラインナップと座席の種類」より)

さっそくアプリおよびスマホの設定方法、そして実際に新宿駅ならびにロマンスカー車内で使用してみた感触をご紹介していきましょう。

必読! アプリのインストールから初期設定まで

順序通りに初期設定をしないと堂々巡りも...

実は設定にやや手間がかかるこのサービス。アプリのインストールは事前に済ませておくのがオススメです。なおWi-Fiを利用するための初期設定は、odakyu Free Wi-Fiの電波が届く場所でないと実行できないので注意。

また、順序を誤るとなかなか先に進まずに堂々巡りしてしまうことがあります。あらかじめ以下の手順をしっかり読んでおいて下さいね。

(1)アプリをダウンロードする

141201odakyu01.jpg

原稿執筆時点(2014年12月1日)にはなぜかダウンロードページのリンクが未整備だったため、AppStoreで直接アプリを検索した

まずはアプリをインストールします。どうやら現時点ではダウンロードページのリンクが正しく機能していないようなので、AppStoreやGooglePlayのアプリ上で「odakyu Free Wi-Fi」で検索しましょう。


141201odakyu03.jpg

ここでiOS端末の場合はアプリと別に「プロファイルのインストール」を行う必要があります。アプリのトップ画面から「プロファイルDL」→「iOS用プロファイルダウンロード」→「インストール」

ここでパスコード入力と「"odakyu Free Wi-Fi"の真正性を確認できません」の表示が出ることがありますが、ひとまず「インストール」を押さないと先へは進めません。

(2)アプリを認証する

ここまでの手順で、すでにライトユーザーの皆さんは疲れ切っているかもしれませんね。でも初回接続時にはさらにアプリの認証が必要。


141201odakyu04.jpg

アプリの認証のために、ひとまずodakyu Free Wi-Fiの電波が届く場所でスマホの「設定画面」→「Wi-Fi」で「odakyu Free Wi-Fi」を選択しておきましょう。


141201odakyu05.jpg

続いて、アプリのトップ画面から「Free Wi-Fi接続」→「利用規約」→「アプリの認証を行います」と進みます。ここからは、電話番号を入力するとSMS(ショートメッセージ)で認証コードが送られてくる仕組みですが...


141201odakyu06.jpg

このコードが大文字小文字混じりの英数字で桁数もけっこう長いのです。SMSをコピーできる端末の人は、コピペして入力するのが賢明でしょう。また、認証の手間を軽減したい人は、Facebook、Twitter、Google、Yahoo!JAPANのアカウントによる連合アイデンティティ認証を試してみてもよいかもしれません。


141201odakyu07.jpg

さあ、ここまで来てついに初期設定が完了です。これでodakyu Free Wi-Fiに接続する準備が整いました。

アプリからWi-Fiに接続してみよう

ここからは実際の使用感をお伝えしますね。


141201odakyu08.jpg

odakyu Free Wi-Fiへの接続はアプリの「Free Wi-Fi接続」をタップするだけ。正しく設定されていれば、「箱根エリアのご案内」がアプリ上に表示されます。この状態になれば、あとはアプリを閉じても普段使っているブラウザ等から自由にインターネット接続を使うことができますよ。


141201odakyu12.jpg

さて、今回は小田急ロマンスカー『30000形EXE車』上下区間にて、新宿〜新百合ケ丘の間で実際に乗車してWi-Fiを試用しました。


141201odakyu09.jpg

短い区間ですが、今回試した走行中の車内では常時Wi-Fiに接続できていることを確認しました。スマホ・携帯電話とは別にタブレットを所有しているユーザーなら、車内ではタブレットを利用することで旅の道中のスマホ電力節約にもつながりますね。

141201odakyu10.jpg

アプリ「RBB TODAY SPEED TEST(iTunes)」での測定画面。左より多摩川通過中、千歳船橋駅付近、南新宿駅付近。

移動する車内でのネット接続ゆえか、回線速度は決して速いとは言えませんし、場所によって速度に大きく変動があるようにも感じました。しかしテキスト主体のウェブサイトを読んだり、フェイスブックやツイッターをチェックする用途なら全く不便はありません。

ちなみに新宿駅構内の『ロマンスカー カフェ』での測定と比較すると、あきらかに移動中のほうが速度が低いのがわかります(下の画像参照)。


141201odakyu11.jpg

「odakyu Free Wi-Fi」が使える場所はココ

従来から小田急線の全70駅、およびロマンスカー・EXEの車内ではワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)の公衆Wi-Fiが提供されていましたが、odakyu Free Wi-Fiによってロマンスカー・EXE、箱根エリアの港や駅にWi-Fiスポットが拡大されたことになります。発表されているエリアは以下の通り。

141201odakyu13.jpg・小田急線新宿駅

・小田急線小田原駅

ロマンスカー(VSE・EXE)車内

・箱根エリアの主要駅・港(箱根湯本駅、強羅駅、早雲山駅、大涌谷駅、桃源台駅・港、箱根町港、元箱根港)

箱根海賊船

率直な感想としては、Wi-Fiを利用できるようにするまでの設定などが鉄道他社のサービスと比べて煩雑な印象を受けました。とはいえ、海外からの観光客増加が見込まれている昨今、箱根などの有名観光地で無料Wi-Fi接続が使えるようになっていくのは良い傾向。あとは使い勝手をしっかりと改善していってもらいたいところですね。

 
無料Wi-Fiサービス「odakyu Free Wi-Fi」を開始します(PDF)[小田急電鉄]
アプリ利用ガイドブック(PDF)

 

オトコをアゲるニュース・タブロイドを「いいね!」しよう
ワタナベダイスケ

Written by ワタナベダイスケ

新潟と東京を行き来する放浪のフリーランサー。日中は専門学校講師だったりもするが、本業が何だったのかは既に本人でさえわからない。生活の大半をスマートフォンとMacに依存するちょっとアレな人。常に電波と電源の確保に必死。
ワタナベダイスケ

Written by ワタナベダイスケ

新潟と東京を行き来する放浪のフリーランサー。日中は専門学校講師だったりもするが、本業が何だったのかは既に本人でさえわからない。生活の大半をスマートフォンとMacに依存するちょっとアレな人。常に電波と電源の確保に必死。

  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp
  • 小田急今昔物語
  • 生方良雄|戎光祥出版
  • by Amazon.co.jp