Wi-Fiのネットワーク名「SSID」のハナシ


141205ohayougo0066ssid01.jpg新しい一週間! 皆さん、おは用語ー!

12月の「おは用語」は、話題のソーシャルアイドルグループ『notall』のメンバーが、週替わりでナビゲーターを務めてくれています。今週は「べちこ」こと渡邊ちこちゃんがみんなをつないでくれますよ!

知っているとスマホの使いこなし術がワンランクアップするのが、無線LAN(Wi-Fi)の接続方法です。いまでは街中で利用できる無料の公衆Wi-Fiサービスもどんどん増えてきています。今朝は、そんなWi-Fiのネットワーク名「SSID」について解説していきましょう。

Wi-Fiネットワークの名前=SSID

SSID(Service Set Identifier=サービスセット識別子)とは、平たく言うとWi-Fiルーター等のアクセスポイントにつけられた名前のこと。


141205ohayougo0066ssid02.jpg

iOS、Androidの両OSとも「設定」画面の「Wi-Fi」の項目を見ると、自分がいる場所に電波が届いているWi-Fiネットワークの名前が一覧で表示されますね。このネットワーク名がSSIDです。Wi-Fiを利用する際には、ここから接続したいネットワークのSSIDを選択することになります。

公衆Wi-Fiでは複数のアクセスポイントが同じSSIDを持つことも

自宅や職場では、アクセスポイント(Wi-Fiルーター)ごとに個別のSSIDを設定するのが一般的ですが、公衆Wi-Fi事業者が提供している無線サービスでは複数のアクセスポイントが同一のSSIDを持っていることも多いです。

例えば東京メトロのWi-Fiサービスであれば、渋谷駅ホーム、改札、新宿駅ホーム...といった複数の地点に設置されたアクセスポイント全てに「Metro_Free_Wi-Fi」というSSIDが割り当てられていて、ある地点でWi-Fi接続の設定をしたスマホやタブレットなら別の地点でもそのままWi-Fiにつながります。

こうした複数地点にまたがるSSIDを『ESSID』と呼ぶこともありますが、ユーザー側ではあまり意識しなくてもOKです。

今朝のまとめ


141205ohayougo0066ssid03.jpg今朝の話題をまとめると、

・Wi-Fiのネットワークやアクセスポイントの名前にあたるものが『SSD』である

・公衆Wi-Fiサービスなどでは複数のアクセスポイントが同一のSSIDを持つこともある

ということなのですね。ここ数年で都市部を中心に急速に普及してきた感のあるWi-Fi、いつの間にか身の回りにもたくさんの電波が飛び交っているかも。お手元のスマホでご近所のSSIDをのぞいてみるのも良いのではないでしょうか。

それでは今日も一日、スマートに! いってらっしゃい!

 
ナビゲーター: 渡邊ちこ(notall)[公式プロフィールTwitter]
Photo by Thinkstock/Getty Images

 

オトコをアゲるニュース・タブロイドを「いいね!」しよう
ワタナベダイスケ

Written by ワタナベダイスケ

新潟と東京を行き来する放浪のフリーランサー。日中は専門学校講師だったりもするが、本業が何だったのかは既に本人でさえわからない。生活の大半をスマートフォンとMacに依存するちょっとアレな人。常に電波と電源の確保に必死。
ワタナベダイスケ

Written by ワタナベダイスケ

新潟と東京を行き来する放浪のフリーランサー。日中は専門学校講師だったりもするが、本業が何だったのかは既に本人でさえわからない。生活の大半をスマートフォンとMacに依存するちょっとアレな人。常に電波と電源の確保に必死。

  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp
  • 学園天国
  • WALLOP ENTERTAINMENT
  • by Amazon.co.jp