「通知領域」でスマホの通知をまとめて見るってハナシ


150115ohayougo0089notification02.jpg寒い日が続きますが、今日もシャキッと元気に「おは用語」!

スマホを利用していると、「しばらく目を離したスキにたくさんの通知が届いていたー!」なんてこともありますね。こうした通知をまとめて確認できるのが、Androidなら『通知領域』iOSでは『通知センター』と呼ばれるエリアです。

通知領域を呼び出すのは「通知バー」から

通知を確認するための領域を呼び出すには、Android、iOSともに画面最上部の「ステータスバー」(Androidでは通知バーと呼ばれることも)を下方向へフリック操作します。まずはこのステータスバーについて、下の解説記事で理解しておきましょう。

150115ohayougo0089notification01.png

通知をタップして、通知元のアプリを開く(iPhone「通知センター」の例)

見逃した通知を後からチェックできる機能は共通ですが、Android(通知領域)とiOS(通知センター)ではその他の役割に大きく違いがありますよ。

通知チェック以外にできること


150105ohayougo0082statusbar05.jpg

Android端末の場合、「設定」画面にいくためのアイコンが通知領域に備わっている端末が多くあります。「設定」はよく使う項目なのでおぼえておきましょう。


150105ohayougo0083widget04.jpg

iOS8以降の「通知センター」には、「ウィジェット」と呼ばれる機能が追加されました。これによってカレンダーや株価といった対応アプリの情報を、通知センターから素早く読み取ることができます。ちなみにコレ、Androidのウィジェットとは同名の全く異なる機能ですので注意しましょうね。詳しくは下の解説記事をどうぞ。

今朝のまとめ

今朝の話題をまとめると、


150105ohayougo0082statusbar01.jpg

・「通知領域(Android)」「通知センター(iOS)」は、ステータスバーを下フリックするとあらわれる

・Androidでは「設定」画面の入り口があったり、iOSなら「ウィジェット」が使えるなど、機種によって機能が違っている

ということなのですね。スマホを使っていると「通知」を受け取るのは日常のことですから、基本操作のひとつとしてキチンと理解しておきたいところ。

それでは今日も一日、スマートに! いってらっしゃい!

 
ナビゲーター: 佐藤遥(notall)[公式プロフィールTwitter]

 

平日は毎朝更新! 通勤通学の時間で脱スマホ初心者「おは用語」:

おは用語のバックナンバーはコチラからチェックできますヨ♪

 

オトコをアゲるニュース・タブロイドを「いいね!」しよう
ワタナベダイスケ

Written by ワタナベダイスケ

新潟と東京を行き来する放浪のフリーランサー。日中は専門学校講師だったりもするが、本業が何だったのかは既に本人でさえわからない。生活の大半をスマートフォンとMacに依存するちょっとアレな人。常に電波と電源の確保に必死。
ワタナベダイスケ

Written by ワタナベダイスケ

新潟と東京を行き来する放浪のフリーランサー。日中は専門学校講師だったりもするが、本業が何だったのかは既に本人でさえわからない。生活の大半をスマートフォンとMacに依存するちょっとアレな人。常に電波と電源の確保に必死。

  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp
  • Cocoon ガジェット&デジモノアクセサリ固定ツール 「GRID-IT! 」 A4サイズ レッド CPG10RD
  • サンワダイレクト
  • by Amazon.co.jp