×
ワタナベダイスケ

Windows7「メインストリームサポート終了」で何が変わる?


150113win7support01.jpgこうしてPCも世代交代が進んでいくのです。

2009年リリースのマイクロソフトのPC向けOS『Windows 7(ウインドウズ7)』が、米国時間2015年1月13日をもってメインストリームサポートを終了。サポート領域が大幅に少なくなる「延長サポート」期間に入りました。

こうしたサポート期間の仕組み、そして今後Windows 7ユーザーが受けられるサポート、この2つのポイントについてまとめてみましょう。

マイクロソフト製品のサポート期間って?

【ポイント1】Windowsのサポート期間=
「メインストリームサポート(最低5年間)」+「延長サポート(最低5年間)」

マイクロソフトでは、最低10年の製品サポートを提供していて、これらは発売後最低5年間の「メインストリームサポート」期間と、その後さらに最低5年間の「延長サポート」期間に区別されます。


150113win7support02.jpg

今回Windows 7では、この前半にあたるメインストリームサポートが終了しましたが、全てのサポートを受けられなくなったわけではありませんよ。

延長サポートで提供されるのは?

【ポイント2】延長サポートの内容=
「セキュリティ更新プログラム サポート」+「有償サポート」

延長サポート期間に入ると、これまで無償サポートで提供されていたサービスが終了し、仕様変更や新機能をマイクロソフトにリクエストすることもできなくなります。

しかし、上の表で見ると不便に感じるかもしれませんが、「セキュリティ更新プログラム」は引き続き提供されるため「使っているコンピュータが今すぐに危険にさらされる」といったことはありません。慌てず騒がず、延長サポート期間終了までに移行先をじっくり検討すれば良いでしょう。

Windows 7の延長サポートは2020年1月14日に終了の予定。ちなみに、いまのところ最新の「Windows 8 /8.1」も、Windows 7と同様のサポートサイクルを3年遅れで追いかける見通しになっています。詳細なサポート情報は、マイクロソフトのウェブサイトをご参照くださいね。

 
Windows 7 メイン ストリーム サポート終了のお知らせ [Microsoft]

オトコをアゲるニュース・タブロイドを「いいね!」しよう
ワタナベダイスケ

Written by ワタナベダイスケ

新潟と東京を行き来する放浪のフリーランサー。日中は専門学校講師だったりもするが、本業が何だったのかは既に本人でさえわからない。生活の大半をスマートフォンとMacに依存するちょっとアレな人。常に電波と電源の確保に必死。
ワタナベダイスケ

Written by ワタナベダイスケ

新潟と東京を行き来する放浪のフリーランサー。日中は専門学校講師だったりもするが、本業が何だったのかは既に本人でさえわからない。生活の大半をスマートフォンとMacに依存するちょっとアレな人。常に電波と電源の確保に必死。

  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp
  • audio-technica W Series 密閉型オンイヤーヘッドホン 耳掛け式 ATH-EW9
  • オーディオテクニカ
  • by Amazon.co.jp