ネット情報のウソホントの見分け方~確度という考え方~


ネットのウソ情報を見分けるには

うそはうそであると見抜ける人でないと難しい

西村博之

SNSでガセ情報をシェアしてしまったり、飲みの席でニュースの間違った解釈をドヤ顔で講釈してしまったり...そんな失敗、したことありませんか?

ネットにはたくさんの情報があふれていますが、残念ながら、その中には間違ったものも含まれています。人をひっかけようとして作られたウソ情報もありますし、ニュースなどでも、大筋は正しいけど一部分は間違っている...なんてことがあります。

こういったウソ情報に踊らされないためには、どうすればいいのでしょうか?

情報の真贋はすぐには見分けられない

最初に言っておくと、「情報のウソ/ホント」をその場で見分ける方法はありません。

ネットはもちろん、テレビや新聞といったマスメディアでも、誤ったニュースを報じてしまうことはあります。自分の眼で見てもいないことを、ネットの情報だけで「正しい/正しくない」を判断することは不可能です。

ここで大切になるのは、「確度(かくど)」という考え方です。

情報を「確度」でとらえよう

確度」とは、「情報の確かさ」を度合いで決める考え方です。何か新しい情報を知ったときに、「このニュースは80%くらい信用できるな」や、「この話は5分5分でウソだろう」など、ざっくりと確度を決めてしまいます。
その後、新しい情報を知るたびに、確度を上げ下げしていくのです。

ポイントは、「○○新聞が報じているから絶対正しい」「この人はウソばかり言う」など、いきなり確度を100%(または0%)にしないこと。どんなに正しそうでも、「90%~10%」くらいで判断してください。

こうすることで、「最初はAが正しいと感じたけど、実はBのほうが正しそうだ」というように、自分の中で方向転換がしやすくなり、思い込みによる発言・行動がぐっと少なくなるはず。

いきなり信じたり否定したりしないで

人は、状況をすばやく判断しようとするためか、情報の正誤をその場で決めがちです。そして、一度信じる/信じないを固めてしまうと、その後は最初の決断(思い込み)をもとに行動してしまうのです。

こういった思い込みは、無意識なだけに排除しにくく、最初の判断がその後の判断すべてに影響します。正しさをあいまいにしておけば、続報へのこういった影響を減らせるわけです。


なお、「情報」といいましたが、ニュースにかぎらず、ものごとの解説記事、タレントのコメントなどについても同じ態度が使えます。

人の発言にいちいち疑いの目を向ける」考え方ではあるのですが、情報があふれる時代に必要な自衛手段として、心にとどめておいてください。

オトコをアゲるニュース・タブロイドを「いいね!」しよう
金本太郎

Written by 金本太郎

テクノロジーによって、人や社会がどんどん変化していくのを見ていると「いまが未来なんだなー」ってワクワクします。いま人間にもっとも近い場所にあるコンピューターであるスマートフォン/タブレットにもわくわくしてます。

金本太郎

Written by 金本太郎

テクノロジーによって、人や社会がどんどん変化していくのを見ていると「いまが未来なんだなー」ってワクワクします。いま人間にもっとも近い場所にあるコンピューターであるスマートフォン/タブレットにもわくわくしてます。


  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp
  • ウソを見破る統計学―退屈させない統計入門
  • 神永 正博|講談社
  • by Amazon.co.jp