×
松内洋平

【弥生賞】
実績重視。手堅く仕留めたい


0907keiba_matsu.jpg
当たりそうですが、堅そう。

土曜日のチューリップ賞、注目されていたブチコは直線で馬群に沈みました。道中でかかっていたのも敗因なのでしょうが、それよりもやはりダートのほうが合っているということでしょう。ダートでは底を見せていない馬。兄姉の戦績を見ても今後はダートで活躍するのではないでしょうか。

さて、日曜日は弥生賞。皐月賞と同じコースで行われている割には、同年の皐月賞とは違うペースになることもしばしば。トライアルはあくまでトライアルです。どちらかというと、前年のホープフルSや同年の京成杯を参考にしたほうがいいでしょう。

となると、本命は◎シャイニングレイ以外にいません。

昨年のホープフルSを快勝。緩いペースに恵まれた勝利だと思いますが、きっと弥生賞でも同じようにペースには恵まれるでしょう。血統的にはディープインパクト産駒は決して合っているとは思いませんが、前々で立ち回れるのであれば大崩れも考えにくいです。複軸として信頼していいでしょう。

対抗は○トーセンバジル

前走は最後方からのレースでしたが、騎手も踏まえると今度は中団でレースを進めるでしょう。条件にかかわらず力を出せる器用さがこのコースでは武器となりそうです。

3番手は▲コメート。おそらく騎手のせいでしょうか、人気があまりありません。実績を考えれば十分勝ち負けになる馬です。この馬がきてくれると大変ありがたい。以下、△ベルラップ、△クラリティスカイ、△サトノクラウンまで。


【おまけ】阪神メーンの大阪城Sは◎アクションスター。相手関係が一気に楽になる上に大得意の阪神芝1800mに戻って一変を期待。

オトコをアゲるニュース・タブロイドを「いいね!」しよう
松内洋平

Written by 松内洋平

自他共に認めるニュースオタク。もはや中毒気味。スマホでも常にニュースやスポーツ速報のチェックは怠りません。最近の悩みは加齢とともに自分自身のバッテリーのもちが悪くなってきたこと。
松内洋平

Written by 松内洋平

自他共に認めるニュースオタク。もはや中毒気味。スマホでも常にニュースやスポーツ速報のチェックは怠りません。最近の悩みは加齢とともに自分自身のバッテリーのもちが悪くなってきたこと。

  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp