IGZOって商標はどうして認められなかったの? ってハナシ


150227ohayougo0119igzo01a.jpg今朝も元気にいぐぞー! みなさん「おは用語」ー!

シャープが液晶ディスプレイの登録商標として使っていた「IGZO(イグゾー)」というブランド名が、知財高裁から無効であるとの判決を受けました。いったいどうしてなんでしょう? そこにはIGZOという言葉の生い立ちに理由があったんです。

「IGZO」は素材の頭文字です

150227ohayougo0119igzo02.jpg

シャープ「IGZOテクノロジーのご紹介」より

今回取り上げられたIGZOというのは、半導体の名称で「インジウム (Indium) 、ガリウム (Gallium) 、亜鉛 (Zinc) 、酸素 (Oxide) 」という素材の頭文字を取って名付けられたもの。

もともとは科学技術庁(現在は解体)や東京工業大学などでの研究を経て誕生し、その技術を液晶ディスプレイに活かした製品としてシャープが商品化したのが、いわゆる「IGZO液晶」というわけです。IGZO特許の使用許諾を受けたシャープは、2011年11月に商標登録をしました。

何が問題になっているの?

IGZOの商標をめぐってシャープと争っている科学技術振興機構(JST)の主張は、「商標になっていることで、研究者らが略称を自由に使えない」というもので、特許庁からは2014年に「物質の名前(原材料)のみの商標は無効」の判決が出ていました。

一方のシャープ側は「IGZO技術を用いた液晶ディスプレイを製造販売しているのは自社だけで、量産技術を作ったのも自分たちである」「すでに商品イメージも定着した」として判決取り消しを求めていたものの、結局受け入れられないということになった模様です。


まだ判決が出たばかりで、今後のシャープ製品やIGZO関連商品がどうなっていくのかは定かでありませんが、日常的に接している商品の名前や商標にも、いろんな事情があるものなんですね。

それでは今日も一日、スマートに! いってらっしゃい!

Photo by Thinkstock/Getty Images

オトコをアゲるニュース・タブロイドを「いいね!」しよう
ワタナベダイスケ

Written by ワタナベダイスケ

新潟と東京を行き来する放浪のフリーランサー。日中は専門学校講師だったりもするが、本業が何だったのかは既に本人でさえわからない。生活の大半をスマートフォンとMacに依存するちょっとアレな人。常に電波と電源の確保に必死。
ワタナベダイスケ

Written by ワタナベダイスケ

新潟と東京を行き来する放浪のフリーランサー。日中は専門学校講師だったりもするが、本業が何だったのかは既に本人でさえわからない。生活の大半をスマートフォンとMacに依存するちょっとアレな人。常に電波と電源の確保に必死。

  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp
  • シャープ SH930W IGZO液晶搭載 SIMフリー
  • Sharp
  • by Amazon.co.jp