×
ワタナベダイスケ

福岡に「Wi-Fiが使える自販機」出現!
これを読めば使い方もわかります


140415fukuokawifivendor01.jpg

災害時にも、お役に立つのだそうですよ。

NTTグループのテルウェル東日本は、福岡市に公衆Wi-Fiのアクセスポイントを備えた自動販売機を設置したと発表しました。無料Wi-Fi接続機能を持った自販機の登場は九州初になるのだそう。

ちなみにネットワーク接続には福岡市の「Fukuoka City Wi-Fi」を利用。こちらの接続方法については、下の実地レビュー記事をご参照いただければ、すぐに手順がわかると思います。

140415fukuokawifivendor02.jpg

このWi-Fi自販機はまだ1カ所(博多DOIMACHIビル前)のみの設置ですが、Fukuoka City Wi-Fiは福岡市内各地にアクセスポイントがありますので、一度設定しておけば利便性は高いかもしれませんね。

また同社では、この自販機について「災害時に無料で飲料を取り出せる、自販機内に備蓄した非常食や防災用品を提供する」ことができるともしており、インターネットアクセスの提供だけでなく防災ステーションとして活用できるとのこと。

140902jihanki_jisin02.jpg

自動販売機を防災に活用する取り組みとしては、北海道の「災害警報機能付き自動販売機」などもありますし、Wi-Fiアクセスポイントと自販機のセット導入はキリンビバレッジとバッファローが推進中。どうやらネットと自動販売機の融合は着々と進んでいるようです。

今後はWi-Fiやインターネット技術を用いた『スマート自動販売機』が増えていく予感がします。セキュリティや電波の混雑などの問題をうまく解決して、使いやすいサービスになってくれると良いですね。

公衆無線LANサービス「Fukuoka City Wi-Fi」に対応したWi-Fi自販機を設置(PDF) [テルウェル東日本]

オトコをアゲるニュース・タブロイドを「いいね!」しよう
ワタナベダイスケ

Written by ワタナベダイスケ

新潟と東京を行き来する放浪のフリーランサー。日中は専門学校講師だったりもするが、本業が何だったのかは既に本人でさえわからない。生活の大半をスマートフォンとMacに依存するちょっとアレな人。常に電波と電源の確保に必死。
ワタナベダイスケ

Written by ワタナベダイスケ

新潟と東京を行き来する放浪のフリーランサー。日中は専門学校講師だったりもするが、本業が何だったのかは既に本人でさえわからない。生活の大半をスマートフォンとMacに依存するちょっとアレな人。常に電波と電源の確保に必死。

  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp
  • アンパンマン じはんきだいすき アンパンマンのジュースちょうだい
  • ジョイパレット
  • by Amazon.co.jp