×
塚本修史

画像加工アプリ 『Snapseed』が劇的に変わった!特徴その2 スポット修正


31_1.jpg

画像加工アプリの決定版!『Snapseed』が2.0にアップされて、劇的に変わりました。前回に引き続き、その特徴をお伝えします。

今回はメジャー・アップデートの最大の特徴かもしれない「スポット修正」です。高価な画像処理アプリケーション「フォトショップ」のように、画像のゴミ処理や不要なものを消すことができる機能です。

ちょうど、この原稿を書いている時、ニューヨーク出張に行っていたのでスナップしたストリートの風景です。この緑の壁の看板を一瞬で消し去ります。

31_2.jpg

このようにまるでマジックです。以下、あまりに簡単すぎるやり方です。

IMG_4928_1.jpg

元の画像です。緑の壁にはしっかりと看板があります。これから看板を消し去って緑一色にします。

IMG_4929_1.jpg

効果の選択画面でスポット修正を選びます。

IMG_4933_1.jpg

指先でタッチしたところが自動的に丸くサークルで囲われます。そして、次の瞬間....

IMG_4931_1.jpg

丸く囲われた箇所の看板は、緑に塗りつぶされて消えています。消す箇所が大きい場合、スタンプを何度か押しながら、消していきます。

31_3r.jpg

スタンプ機能ですので、画像の他の面積の部分を移植しています。スタンプを押す時にコツがあるくらいで、誰でにも驚くほど簡単にゴミ掃除ができますので、是非、お役立てください。

あってよかった!とたまに思える力強い新機能です。

では、次回をお楽しみに!

Have a nice shot!

アプリのダウンロードはこちらから

iOSアプリダウンロードAndroidアプリ ダウンロード
----------
アプリ更新日:2015年4月9日 価格:無料
オトコをアゲるニュース・タブロイドを「いいね!」しよう
塚本修史

Written by 塚本修史

東京・世田谷生まれ、米・カリフォルニア州サンタバーバラで、写真と映画製作を学ぶ。映像制作を生業としながら、携帯写真家として活動を開始し、FUJIFILM公式サイトでのケータイ写真部講師、他、講演、記事執筆、コンテスト審査員、雑誌での特集、番組出演等、モバイルフォトの面白さを広めている。|FacebookTwitter
塚本修史

Written by 塚本修史

東京・世田谷生まれ、米・カリフォルニア州サンタバーバラで、写真と映画製作を学ぶ。映像制作を生業としながら、携帯写真家として活動を開始し、FUJIFILM公式サイトでのケータイ写真部講師、他、講演、記事執筆、コンテスト審査員、雑誌での特集、番組出演等、モバイルフォトの面白さを広めている。|FacebookTwitter

  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp
  • OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS SH-2 シルバー 光学式5軸手ぶれ補正 光学24倍&超解像48倍ズーム SH-2 SLV
  • オリンパス
  • by Amazon.co.jp