漏れ光が楽しい!画像加工アプリ 『LIGHTLEAKER』で光と遊ぼう


35_13.jpg Model: ハチミツ

古いフィルムで撮った時に時折、すでに光が感光してしまっていて、漏れた光のような効果というか、失敗写真になることがあります。


35_1.jpg

この画像加工アプリ『LIGHTLEAKER(ライトリーカー)』は、その名の通り、古いフィルムで撮った時の失敗写真のような、レトロであたたかみのある雰囲気を醸してくれます。

35_2.jpg


早速、触ってみましょう! 使いたい画像を選ぶと、下に沢山の漏れ光のフィルターが並びます。一枚一枚を選びながら、調子を見ていきます。


35_3.jpg


35_4.jpg


35_5.jpg


フィルター、LL-17を選びます。


35_6.jpg


ほどよく画像のコーヒーマグカップのイメージと溶け合いました。


35_7.jpg


いくつか作例を作ってみましょう! 


35_8.jpg


道端で出くわしたネコさん


35_9.jpg


35_10.jpg


街灯の影もオタマジャクシか何かに見えてきました


35_11.jpg


漏れ光の魅力は、存在しない光を足すことで、画面に懐かしさにも似た不思議な愛着が湧くことです。


35_12.jpg


光の具合のよいこの季節に画像アプリ、LIGHTLEAKERを是非!試してください。

by 携帯写真家 塚本 修史

Have a nice shot!

アプリのダウンロードはこちらから

iOSアプリダウンロード
----------
アプリ更新日:2015年4月9日
価格:無料
オトコをアゲるニュース・タブロイドを「いいね!」しよう
塚本修史

Written by 塚本修史

東京・世田谷生まれ、米・カリフォルニア州サンタバーバラで、写真と映画製作を学ぶ。映像制作を生業としながら、携帯写真家として活動を開始し、FUJIFILM公式サイトでのケータイ写真部講師、他、講演、記事執筆、コンテスト審査員、雑誌での特集、番組出演等、モバイルフォトの面白さを広めている。|FacebookTwitter
塚本修史

Written by 塚本修史

東京・世田谷生まれ、米・カリフォルニア州サンタバーバラで、写真と映画製作を学ぶ。映像制作を生業としながら、携帯写真家として活動を開始し、FUJIFILM公式サイトでのケータイ写真部講師、他、講演、記事執筆、コンテスト審査員、雑誌での特集、番組出演等、モバイルフォトの面白さを広めている。|FacebookTwitter

  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp
  • うさぎのモキュ様
  • Tomoko Imai|パイインターナショナル
  • by Amazon.co.jp