領収書の原本廃棄時代を先取りする
「スマホでスキャン」まとめ


150507billscan01.jpg

まだ検討段階とのことですが、実現したら嬉しいぞ。

タクシー代などの経費に関する領収書の保管義務について、「スマホやデジカメで撮影した画像データさえ保管すれば、原本の廃棄を認める」方向で財務省が検討に入っていることが日経新聞などで報じられ、ビジネスパーソンの間で話題になっています。

詳細はまだ決まっていないようですが、2016年度中にも省令改正される見通しとのことで、日々領収書の束に悩まされている人にとってはまさに朗報。

そこで、このニュースをちょっと先取りして、「スマホカメラを用いたスキャナーアプリ」をまとめてみました。歪み補正や色調を見やすくしてくれたりと、標準カメラにはない機能がいろいろあります。

カメラ感覚で使えるスキャナーアプリ3選

さっそく、撮影した書類の歪みを直したり、コントラストを調整して読みやすくするといった加工ができるスキャナーアプリを3つご紹介しましょう。対応するOSや操作性の好みでご自分に合った1本を選んでみてくださいね。

DocScan

折り目のついた紙でもまっすぐに修正できる強力な歪み補正機能が特徴の「DocScan」。iOS対応で有料版と無料版があります。

Scan Master

Android対応の「Scan Master」は、撮影データをPDF形式で保存できるアプリ。タグをつけてデータ管理ができるので、領収書用のタグを用意しておけば探すのも簡単になります。

CamScanner スキャンPDF作成

こちらもPDF形式で保存できる「CamScanner」。Android、iOS両対応の有料アプリですが、auスマートパスのラインアップにも含まれているようです。

超定番メモアプリGoogle KeepやEvernoteを使う

スキャンアプリというわけではありませんが、スマホで雑多なメモを取るのにGoogle KeepEvernoteを活用している人なら、領収書のデジタル化にもこれらの定番メモアプリをそのまま使っても良いかも。

これら2つのメモアプリの特徴を簡単にまとめると、「シンプルなGoogle keep」と「多機能なEvernote」といったところ。使い勝手の比較は以下の過去記事をどうぞ。

まだ制度見直しが実現したわけではないので、ここで紹介したアプリがそのまま活用できるかは未知数ですが、仕事上の書類を電子化するきっかけとして参考にしていただければ幸いです。

領収書はスマホ撮影で 原本廃棄可能に、財務省検討 [日本経済新聞]

オトコをアゲるニュース・タブロイドを「いいね!」しよう
ワタナベダイスケ

Written by ワタナベダイスケ

新潟と東京を行き来する放浪のフリーランサー。日中は専門学校講師だったりもするが、本業が何だったのかは既に本人でさえわからない。生活の大半をスマートフォンとMacに依存するちょっとアレな人。常に電波と電源の確保に必死。
ワタナベダイスケ

Written by ワタナベダイスケ

新潟と東京を行き来する放浪のフリーランサー。日中は専門学校講師だったりもするが、本業が何だったのかは既に本人でさえわからない。生活の大半をスマートフォンとMacに依存するちょっとアレな人。常に電波と電源の確保に必死。

  • Anker® 20W 2ポート USB急速充電器
  • Anker
  • by Amazon.co.jp
  • コクヨ 領収書・明細ファイル 青 A4 48ポケットラ-YR520B
  • コクヨ
  • by Amazon.co.jp